Select Language

みんぱくシアター

2022年3月31日オープンのみんぱくシアターでは、世界の人びとの生活や儀礼、芸能、技術等を記録した番組をご覧いただけます。大型スクリーンによる臨場感のある映像をご覧いただける「シアタールーム1」と、ゆったりとコンテンツに没入できる少人数用の「シアタールーム2~5」がございます。

説明画像
説明画像

大型スクリーン「シアタールーム1」の上映作品・スケジュールは以下をご覧ください。
(上映作品は「シアタールーム2~5」でもご覧いただけます。)

お知らせ

2022年7月21日(木) 上映スケジュールを更新しました。

・2022年3月31日(木) みんぱくシアターがオープンしました。

シアタールーム1のご利用について

  • 上映日:開館日
    ※ イベント利用時には上映を休止することがあります。
  • 利用料金:無料
  • 定員:40名
      新型コロナウィルス感染症予防のため、現在は15名までのご利用でお願いしております。
    ※ 上映途中の入退場は自由にしていただけます。
    ※ 予約・貸切はできません。
    ※ 混雑時にはご利用できない場合があります。

注意事項

  • シアタールーム内での飲食、映像の撮影・録音等はご遠慮ください。
  • 作品によっては、動物を殺す(屠殺)など刺激の強いシーンが含まれるものがあります。これらの映像が苦手な方や、体調のすぐれない方はご注意くださいますようお願い申し上げます。

上映スケジュール

開始時間 作品タイトル
10:30 – 「武器をアートに:モザンビークにおける平和構築」(上映時間:16分)
10:50 – 「大阪のエイサー:思(うむ)いの交わる場」(上映時間:76分)
13:30 – 「それでも獅子は旅を続ける~山本源太夫社中 伊勢大神楽日誌~(上映時間:89分)
15:10 – 「バイラヴダンス」(上映時間:44分)

作品紹介

武器をアートに:モザンビークにおける平和構築

武器をアートに:モザンビークにおける平和構築

内戦終結後、民間に残された武器を回収し、その武器を素材に平和を訴えるアートの作品を生み出すプロジェクトを紹介する。

  • 16分 2004、2012年撮影 2013年制作
  • 監修者:𠮷田憲司
  • 地域:アフリカ
大阪のエイサー:思(うむ)いの交わる場

大阪のエイサー:思(うむ)いの交わる場

大阪に住むウチナーンチュ(沖縄人)たちは、なぜ、大阪の地で沖縄の盆踊りであるエイサーを踊るのか。彼らの思いを聞いた。

  • 76分 2000~2002年撮影 2003年制作
  • 監修者:寺田吉孝
  • 地域:日本/近畿
それでも獅子は旅を続ける~山本源太夫社中 伊勢大神楽日誌~

それでも獅子は旅を続ける~山本源太夫社中 伊勢大神楽日誌~

この映像では、獅子舞や曲芸を演じながら旅を続ける伊勢大神楽の人々に密着し、コロナ禍での生活を紹介します。

  • 89分 2018~2022年撮影 2022年制作
  • 監修者:山中由里子、神野知恵
  • 地域:日本/中部、近畿
バイラヴダンス

バイラヴダンス

ネパールのポカラで6年おきに催される仮面舞踊。シヴァ神の憤怒の相であるバイラヴ神や女神など12の神々が、ヒンドゥー神話に基づき踊ります。

  • 44分 2016、2017年撮影 2018年制作
  • 監修者:南真木人
  • 地域:南アジア