みんぱく若手研究者奨励セミナー

2021年度みんぱく若手研究者奨励セミナー「モビリティを再考する――人びとの実践、調査者の実践」

会期 2021年11月24日(水)・25日(木)
場所 国立民族学博物館 第4セミナー室(本館2階)
  • 2021年度の募集は終了しました。
  • 本セミナーは、原則、一般公開していません。
  • 対面開催を予定していますが、新型コロナウイルス感染症の流行状況によっては変更する場合もあります。ご了承ください。
    変更の場合はみんぱくホームページで告知し、参加予定者には個別にご案内します。

要旨

人類とその文化は、草創期から移動を重要な特徴としてきた。近代化に伴う、ヒト・モノ・情報の移動の加速化は、グローバル化とも呼ばれる時代を迎え人びとの生活様式をさらに大幅に塗り替えつつある。人類と移動の関係性は、人文社会科学においても十分に認識されており移動論的転回を唱える論者すら存在している。

移動は学問分野のありようとも深く関わっている。人類学や地域研究などフィールド調査を基底に据えた学問分野において、移動は重要なアプローチのひとつである。二〇二〇年からはじまる新型コロナウイルスの世界的拡大は、国内外のフィールド調査を困難とした反面、逆説的に移動する意義を批判的に捉えなおす機会をもたらしたといえよう。

そこで本年度は、狭義の空間的な移動に限られないヒト・モノ・情報の動きにかかわるモビリティに焦点をあてた研究を広く募集する。いわゆる移動はもとよりそれが制限されている状況における、研究者を含めた人びとの動けなさ(インモビリティ)も対象となる。想定されるテーマは、社会理論、移民、難民、観光、メディア、交易、境界、インフラ、疫病、デジタルエスノグラフィからコロナ禍における遠隔エスノグラフィなどが挙げられるが、これらに限定されるものではない。セミナーでは個別の事例を踏まえ、人類あるいは現代社会におけるモビリティの重要性、またその限界と将来などといった点を議論してみたい。

企画担当:グローバル現象研究部

プログラム

詳細がわかり次第、当ホームページに掲載いたします。

過去の若手研究者奨励セミナー