非接触社会から触発は生まれない ―― 2025大阪・関西万博に向けて

日時:
2021年11月28日 @ 14:30 – 15:15 Asia/Tokyo タイムゾーン
2021-11-28T14:30:00+09:00
2021-11-28T15:15:00+09:00
場所:
国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)

70年万博の跡地で、あらためて「人類の進歩と調和」の意味を考える

70年万博の跡地で、あらためて「人類の進歩と調和」の意味を考える

「ポストオリパラの文化戦略」をテーマとする特別展は、2025年の大阪・関西万博へリンクします。「世界を見せる」従来の万博から、「世界観に触れる」新たな万博へ。特別展終了後、「さわる展示」がどのように深化していくのか。「大阪」「障害」をキーワードに、未来社会のデザインについて夢を語ります。

話者 広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授)
場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
日時 2021年11月28日(日)14:30~15:15(14:00開場)
定員 42名[先着順/申込不要]
※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。
 また、定員になり次第受付終了します。
参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。)
お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)