居庸関の雲台――万里の長城のもう一つの顔

日時:
2021年10月24日 @ 14:30 – 15:00 Asia/Tokyo タイムゾーン
2021-10-24T14:30:00+09:00
2021-10-24T15:00:00+09:00
場所:
国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)

万里の長城の関所、居庸関・雲台(北京市)

万里の長城の関所、居庸関・雲台(北京市)

みんぱくの言語展示場に居庸関・内壁の碑文の複製が展示されています。今回は、碑文の現地、万里の長城の関所、居庸関にある雲台(うんだい)の図像から、700年前の文字と諸民族のかかわりについて、考えます。

話者 韓敏(国立民族学博物館教授)
場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
日時 2021年10月24日(日)14:30~15:00(14:00開場)
定員 42名[先着順/申込不要]
※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。
 また、定員になり次第受付終了します。
参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。)
お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)