大規模災害の経験を伝える――遺構・記念碑・語り部・博物館の役割

日時:
2022年01月15日 @ 13:30 – 15:00 Asia/Tokyo タイムゾーン
2022-01-15T13:30:00+09:00
2022-01-15T15:00:00+09:00
場所:
国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
ハリケーン襲来での孤立生活を書き記した部屋の壁(ルイジアナ州立博物館の展示、2011年)

ハリケーン襲来での孤立生活を書き記した部屋の壁(ルイジアナ州立博物館の展示、2011年)

東日本大震災発生以降、遺構・記念碑・語り部・博物館は、災害やそれからの教訓を伝えるものとして以前にもましてクローズアップされるようになりました。その役割や課題について具体的にお話しします。

講師 林勲男(国立民族学博物館教授)
聴講方法 ①国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
②オンライン(ライブ配信)
日時 2022年1月15日(土)13:30~15:00(13:00開場)
定員 ①会場参加 160名
②オンライン(ライブ配信) 300名
申込方法は下記をご覧ください。
いずれも事前申込先着順です。
参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です)

申込方法

※手話通訳を希望される方は、2021年12月24日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。

オンライン予約

期間:2021年12月20日(月)10:00 ~ 2022年1月12日(水)17:00まで
定員になり次第受付終了します。
会場参加については本人を含む2名までお申し込みできます。

当日参加申込(会場参加のみ定員30名)

11:00 から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて受け付けます。

お問い合わせ

国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)