イベントカレンダー

1
特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」 【臨時休館】
特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」 【臨時休館】 @ 国立民族学博物館 特別展示館
3月 4 – 5月 18 終日
特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」 【臨時休館】 @ 国立民族学博物館 特別展示館
新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発出を受け、4月25日から当面の間、ご観覧いただけません。 2011年の東日本大震災では、復興の原動力としての「地域文化」に大きな注目がよせられました。本展示では災害からの復興を支える地域文化をめぐる活動について、東日本大震災から10年が経つ今、あらためて振り返ります。また、豊かな社会の礎となる地域文化の大切さとその継承について考えていきます。 チラシダウンロード[PDF:2.8MB] 会場 国立民族学博物館 特別展示館 会期 2021年3月4日(木)~ 5月18日(火) 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 毎週水曜日 主催 国立民族学博物館 協力 石巻市教育委員会、株式会社ベイエフエム、国文学研究資料館、千里文化財団、宮城県石巻市 後援 朝日新聞、京都新聞、神戸新聞、産経新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞 観覧料 一般880円(600円)、大学生450円(250円) 高校生以下無料 ※本館展示もご覧になれます。 人間文化研究機構 博物館・展示を活用した最先端研究の可視化・高度化事業 観覧料について ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程。 ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生・一般の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、当館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下が自然文化園(有料区域)を通行される場合は、万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※東口からは、自然文化園(有料区域)を通行せずに来館できます。 ※自然文化園(有料区域)をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。 詳細はこちら シャトルバスの案内 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発出を受け、運航を中止しています。[...]
2
多角的な視点から捉える地域の文化―博物館における研究の可視化・高度化 【オンライン(ライブ配信)のみに変更】 13:00
多角的な視点から捉える地域の文化―博物館における研究の可視化・高度化 【オンライン(ライブ配信)のみに変更】
5月 2 @ 13:00 – 16:40
多角的な視点から捉える地域の文化―博物館における研究の可視化・高度化 【オンライン(ライブ配信)のみに変更】
特別展および博物館・展示を活用した最先端研究の可視化・高度化事業関連シンポジウム チラシダウンロード[PDF:2.8MB] 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発出を受け、会場参加を中止し、無観客でオンライン(ライブ配信)のみによる開催とすることといたしました。 オンライン(ライブ配信)でのご視聴をお願いいたします。 会場 オンライン(ライブ配信) 日時 2021年5月2日(日)13:00~16:40(開場 12:00) 参加費 無料 申込 要事前申込(先着順) 定員 会場参加 160名(要事前申込) オンライン(ライブ配信)のみによる開催となります。 オンライン参加 定員なし(事前申込不要) 本シンポジウムは会場参加のほか、オンライン(ライブ配信)でもご参加いただけます。 ※会場参加事前予約の方には入場整理券を11:00より本館2階講堂前にて配布いたします。 ※入場整理券を本館展示、特別展の入口でご提示いただくと、シンポジウム当日に限り1枚につき1名様まで無料で本館展示・特別展をご覧いただけます。 (入館は16:30までです。シンポジウム開始前にご覧ください。) 特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」関連 オンライン(ライブ配信) 5月2日(日)13:00 より、下記リンクから動画でご覧いただけます。 YouTubeでみる シンポジウム要旨集 シンポジウム要旨集は下記リンクよりダウンロードできます。 要旨集[PDF:5.3MB] 趣旨 人間文化研究機構では、大学共同利用機関として国内外諸大学・研究機関の研究成果の可視化・高度化を図ることが課題とされています。その課題に応えるために、博物館機能を兼ね備えている国立民族学博物館では、その機能を活かしながら、最先端の研究成果を可視化・高度化してさまざまな形で情報発信することを実践してきました。2021年3月11日。 東日本大震災からこの日で丸10年となります。 国立民族学博物館では、震災から10年のなかで被災地はどのような復興を遂げてきたのか、また、その地に住む人びとが育み、連綿と受け継いできた地域文化が復興にどのような役割を果たしてきたのかをテーマとした特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」を開催します。 本シンポジウムでは、第1部「人と人をつなぐ地域文化」で、多角的な視点から地域文化を捉えた最先端の研究成果を報告します。 また、第2部「博物館における研究の可視化・高度化」では、人間文化研究の最先端の成果をどのように可視化・高度化するのかを第1部で報告された研究成果をもとに明らかにします。 プログラム[...]
3
4
5
6
7
8
じゃんがら念仏踊りみんぱく公演 【オンライン(ライブ配信)のみに変更】 13:30
じゃんがら念仏踊りみんぱく公演 【オンライン(ライブ配信)のみに変更】
5月 8 @ 13:30 – 16:15
じゃんがら念仏踊りみんぱく公演 【オンライン(ライブ配信)のみに変更】
研究公演 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発出を受け、開催方法がオンライン(ライブ配信)のみになっています。 「じゃんがら念仏踊り」は、福島県に伝わる独特の念仏踊りです。東日本大震災では、いわき市の久之浜も大きな被害を受けました。さらに、福島第一原子力発電所と近接するこの地は、原発事故の影響も大きく受けることとなりました。そうしたなか、地域で受け継がれてきた郷土芸能であり、死者供養の踊りでもあるじゃんがら念仏踊りが2011年の初盆に再開されたとき、地域の人びとにとって大きな心の支えとなりました。本公演では、じゃんがら念仏踊りの披露のほか、震災から10年間の久之浜の復興の過程と課題について、演者とともに語りあいます。 チラシダウンロード[PDF:2.7MB] 日 時 2021年5月8日(土) 13:30~16:15 聴講方法 「じゃんがら念仏踊りみんぱく公演」は、本館講堂での開催を中止し、オンライン(ライブ配信)のみで開催させていただくことになりました。 事前のお申し込みは不要です。開催日時になりましたら、以下よりご視聴ください。 主 催 国立民族学博物館 後 援 人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「日本列島における地域文化の再発見とその表象システムの構築」 人間文化研究機構 博物館・展示を活用した最先端研究の可視化・高度化事業 特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」関連 オンライン(ライブ配信) 5月8日(土)13:30 より、下記リンクから動画でご覧いただけます。 YouTubeでみる 研究公演配布資料 研究公演配布資料は下記リンクよりダウンロードできます。 配布資料[PDF:4KB] 開催趣旨 「じゃんがら念仏踊り」は、福島県に伝わる独特の念仏踊りです。東日本大震災では、いわき市の久之浜も大きな被害を受けました。さらに、福島第一原子力発電所と近接するこの地は、原発事故の影響も大きく受けることとなりました。そうしたなか、地域で受け継がれてきた郷土芸能であり、死者供養の踊りでもあるじゃんがら念仏踊りが2011年の初盆に再開されたとき、地域の人びとにとって大きな心の支えとなりました。本公演では、じゃんがら念仏踊りの披露のほか、震災から10年間の久之浜の復興の過程と課題について、演者とともに語りあいます。 じゃんがら念仏踊り 出演 久之浜(ひさのはま) 大久(おおひさ) 自安我楽念仏踊(じゃんがらねんぶつおどり)継承会 「久之浜大久自安我楽念仏踊継承会」は、いわき市内でも被害が大きかった久之浜町・大久町のじゃんがら念仏踊りの保存会である。東日本大震災による津波で、かねや太鼓、浴衣などの道具・衣装が流出したが、多くの人びとの手によってこれらが拾い集められ、活動を再開し、現在に至っている。 解説 遠藤諭(久之浜大久自安我楽念仏踊継承会) 司会 日髙真吾(国立民族学博物館教授)[...]
9
10
11
12
13
14
15
郷土芸能の持つ力 【オンライン(ライブ配信)のみに変更】 13:30
郷土芸能の持つ力 【オンライン(ライブ配信)のみに変更】
5月 15 @ 13:30 – 15:00
郷土芸能の持つ力 【オンライン(ライブ配信)のみに変更】
みんぱくゼミナール 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発出を受け、開催方法がオンライン(ライブ配信)のみになっています。 2012年、震災後最初の地域のお祭り(石巻市雄勝町立浜) 特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」関連 祭りや行事において演じられる郷土芸能は、地域の人たちを結びつける力も持っています。それは東日本大震災のような大きな災害時に力を発揮します。郷土芸能の持つ力について、事例をとおして紹介します。 講師 小谷竜介(国立文化財機構文化財防災センター 文化財防災総括リーダー) 日髙真吾(国立民族学博物館教授) 聴講方法 オンライン(ライブ配信) 日時 2021年5月15日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 オンライン(ライブ配信)300名 申込方法は下記をご覧ください。 事前申込先着順です。 参加費 無料 申込方法 ※手話通訳を希望される方は、2021年4月23日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 オンライン予約 期間:2021年4月19日(月)9:00 ~ 5月12日(水) 定員になり次第受付終了します。 イベント予約サイトへ移動 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
16
17
18
19
20
21
22
23
モンゴル・ヒップホップの世界 【中止】 14:30
モンゴル・ヒップホップの世界 【中止】 @ 国立民族学博物館 第4セミナー室他(本館2F)
5月 23 @ 14:30 – 15:30
モンゴル・ヒップホップの世界 【中止】 @ 国立民族学博物館 第4セミナー室他(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発出を受け、中止となりました。 モンゴルのグラフィティー(ヒップホップのストリートアート)2019年 ウランバートル市  このサロンでは、ヒップホップという若者の音楽文化を通じて、現代モンゴルにおける貧富の格差や都市化、環境汚染といった問題との緊張関係の中で生み出された世界《ヒップホップ・モンゴリア》に皆さんをいざないます。 話者 島村一平(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第4セミナー室他(本館2F) 日時 2021年5月23日(日)14:30~15:30(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
24
25
26
27
28
29
30
都市の清掃制度について――ベルリンを中心に 【中止】 14:30
都市の清掃制度について――ベルリンを中心に 【中止】 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
5月 30 @ 14:30 – 15:15
都市の清掃制度について――ベルリンを中心に 【中止】 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発出を受け、中止となりました。 ガラスビンは色別に回収する。左から茶、緑、白 ヨーロッパ展示場「産業化とともに」の映像が2020年12月に更新されました。1900年ころのベルリンでゴミ回収する馬車の映像が含まれています。ベルリンは19世紀末に急速に拡大した都市で、衛生や清掃をめぐる制度も、そのころ整えられました。都市システムとして発展した清掃制度についてお話しします。 話者 森明子(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2021年5月30日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
31