Select Language

1年生ゼミナール

1年次生を対象として行うゼミナールです。入学直後、学生がそれぞれの研究計画を発表する「研究計画シリーズ」、各教員が交代で専門分野についての講義をおこない、それに基づいて議論を進める「テーマシリーズ」、1年間の教育研究過程を経た上で改めて学生が自身の今後の研究計画を発表し、練り上げる「リサーチプロポーザル・シリーズ」の3つのシリーズが順を追って展開されます。1年次生は、これらを通じて問題意識を磨き上げ、フィールドワークへの準備を整えることになります。

1年生ゼミ(初回)

担当教員:島村 一平
講義題目:研究を国際的に発信するために
日  程:令和4年5月12日(木)
時  間:10:30~12:00
開催場所:大学院演習室

研究計画シリーズ

時間:10:30~12:00
場所:大学院演習室1

2022年7月7日(木)

Web開催

岸美咲(主任指導:福岡正太、副指導:岡田恵美)
研究題目:中部ジャワのワヤン・クリッにおけるダランの研究
発表題目:これまでの研究の概要と博士論文の研究計画

2022年7月14日(木)

Web開催

劉丹(主任指導:奈良雅史、副指導:韓敏)
研究題目:中国農村農民の開発人類学的研究―周辺性の実践
発表題目:修士論文の概要とこれからの研究計画

テーマシリーズ

時間:10:30~12:00
場所:大学院演習室1

※ 2022年度については、WEB併用

2022年9月29日(木)

担当教員:伊藤敦規
講義題目:近年のCommunity-Based Research――米国先住民を事例として

2022年10月6日(木)

担当教員:池谷和信
講義題目:アフリカでのフィールドワーク

2022年10月13日(木)

担当教員:信田敏宏
講義題目:失敗から学ぶフィールドワーク

2022年10月20日(木)

担当教員:齋藤晃
講義題目:人類学者と霊媒師と殺人者ーアマゾンのフィールドワーク

2022年10月27日(木)

担当教員:新免光比呂
講義題目:東欧における民族・国家・宗教―旧ユーゴスラヴィア戦争からウクライナ戦争まで―

2022年11月10日(木)

担当教員:島村一平
講義題目:ヒップホップ・モンゴリアのフィールドワーク術

2022年11月24日(木)

担当教員:山中由里子
講義題目:テクストというフィールド

2022年12月1日(木)

担当教員:岸上伸啓
講義題目:極北先住民社会をフィールドワークする

2022年12月8日(木)

担当教員:丸川雄三
講義題目:写真データベースの構築と活用

2022年12月15日(木)

担当教員:中川理
講義題目:生成する世界のフィールドワーク

リサーチプロポーザル

時間:10:30~12:00
場所:大学院演習室1
(参考:昨年度日程)

※ 2021年度については、WEB併用

2021年12月23日(木)

川又幸恵(主任指導:松尾瑞穂、副指導:鈴木紀)
研究題目:ベネズエラ都市部におけるリプロダクションと産前・産後ケアから見る出産文化の特性
発表題目:ベネズエラ都市部における妊娠と出産をめぐるケア実践:ミランダ州バルロベント地域出身者を事例として

2022年1月6日(木)

築山欣央(主任指導:平井京之介、副指導:南真木人)
研究題目:人の移動と地域コミュニティとの関係についての一考察―日系ブラジル人の意識と行動に焦点をあてて―
発表題目:日系ブラジル人の日本国内居住地域における生活戦略-豊田市保見ケ丘地域の構造と日系ブラジル人の定住意識の形成に着目して-

2022年1月13日(木)

志川真子(主任指導:福岡正太、副指導:笹原亮二)
研究題目:民俗芸能の復活
発表題目:六斎念仏の中断と復活に関する民族音楽学的研究―桂六斎念佛を一事例として―

2022年1月20日(木)

BAT-OCHIR BALJINNYAM(主任指導:島村一平、副指導:野林厚志)
研究題目:家畜の「交換」に関する文化人類学的研究
発表題目:モンゴル国における家畜の交換に関する文化人類学的研究―モンゴル国ウブルハンガイ県ハラホリン郡の事例から―