Select Language

被傷性の人類学:傷つきやすさを抱えた人々について私たちはどう語ることができるのか(2021-2024)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(B)

竹沢尚一郎

目的・内容

研究の概要

2016年、米国の人類学者Sherry Ortnerは、失業や疾病、戦争、災害等に苦しむ人々を対象とする「暗い人類学が人類学の中心的テーマになっている」と断言した。この発言の背景にあるのは、グローバル化と新自由主義の進展による大量の移民や難民の出現、工場移転の結果としての失業や短期雇用の増加である。急速に変わりゆく現代世界の中で、人類学がその使命とされてきた「異文化研究の学」にとどまることは可能なのか。むしろそれは研究対象と研究方法の根本的な改変を必要としているのではないか。本研究の目的は、苦難に満ちた現代世界に生きる多様な人々を包括的に研究するための新たな方向性を見つけることである。

研究の目的

現代世界はテクノロジーの発展を見る一方、貧困、難民、戦争被害者、失業者、短期雇用者、被災者、性的マイノリティ、死など、苦難を抱えた人びとが増加する傾向がある。従来、人類学はこれらの事象や人々を、貧困の人類学、災害人類学などと個別に研究してきた。これに対し、本研究ではこれらの事象を「被傷性」の語で括り、人々がそれにどのように相対しているかを研究する。
これらの事象を「苦難」として捉えることは可能であろう。この時、苦難は人間にとって外的なものとみなされ、どう対処するかという関心が優越する傾向がある。一方、「被傷性」とは人間を否応なく苦難に晒された存在とする見方であり、人間観の根本的変化を踏まえている。本研究がめざすのは、人間が人間らしく生きるには何が必要かを、苦難への対処法を比較検討することで明らかにすることであり、「人間であるとは何か」という人類学の永遠の課題に一定の答えを出すことである。

活動内容

2023年度実施計画

研究代表者の竹沢は、昨年までおこなってきた人類史の観点からの被傷性の研究をまとめ、一般書店から研究成果として出版する。これは、人類が過去から、とりわけ宗教というかたちでどのように被傷性に対処してきたかを人類史的にまとめたものであり、各個研究に対して総括として位置づけられる。
さらに竹沢は、昨年度までおこなってきた災害被災者や福島原発事故被害者の被傷性に関する研究を、国際的な視点を取り入れながら継続しておこなう。
研究分担者の森田は、これまで研究してきたインドネシア西チモールでの研究を継続しておこなう。とくに今年度は、10月から約1年にわたって滞在しながら調査研究を実施する予定であり、国家主導のプロジェクトが進行する中で、人びとの暮らしがどう変化したかを正確に跡づけることにつとめる。
研究分担者の深海は、ポリアモリーの人々が自分たちの傷つきやすさをいかに認識し、どう向き合っているかの研究を継続しておこなう。また、過去に一橋大学に提出した博士論文を新しいデータで補いながら書き直しているが、それをまとめて今年度中に一般書店から出版する予定である。
研究分担者の近藤は、これまで調査研究をおこなってきたルワンダに加え、隣国のブルンジでも調査をおこない、2国の内戦処理の違いについて理解に努める。ルワンダでは国家主導の内戦処理がおこなわれる一方、ブルンジでは国家がそれに関与しておらず、そうした違いが人びとの語りにどう反映しているかを研究する。

2022年度活動報告(研究実績の概要)

研究代表者の竹沢は、東日本大震災の被災者のもとでの調査研究を実施した。とくに福島原発事故の避難者のもとで聞き取り調査をおこない、それをもとに2022年2月に著書を出版した。そのデータとフランスにおける原子力発電所からの放射能汚染に関するデータとを比較するために、海外調査を実施するための準備をおこなった。
そのほか、人間にとって被傷性とは何かを人類史の観点から明確にするために文献研究を実施した。この問題に関しては、次年度以降に著書を出版の予定である。
研究分担者の森田は、インドネシア領西チモールの農村で現地調査を実施するために、文献調査およびこれまでに実施した研究成果の再分析をおこなった。東チモールおよび西チモールの双方で、国家主導の開発がおこなわれ、それにともない大きな社会的・文化的変化が生じているので、そのデータを収集し分析している。
研究分担者の深海は、過去に提出した博士論文を出版するために全面的に書き直しをおこなっており、それに際して補足的データを取得するためにアメリカ合衆国で現地調査を実施するための準備をした。海外調査が完了し次第、そのデータを組み込んで著書を出版の予定である。
研究分担者の近藤は、ルワンダの農村部で、過去の虐殺によって被害を受けた地域社会の再建の問題を考えてきたが、国家がつくる被害と救済の物語を受け入れることができないでいる人びとが、どのような見解をもち、それをどのような身体的所作において表出しているかを、さまざまな角度から分析した。

2022年度活動報告(現在までの進捗状況)

研究代表者の竹沢は原発事故避難者や放射能汚染対策に関して、国内調査および海外調査を実施する予定であったが、コロナ禍により受け入れ機関との調整がつかず、その一部を実施することができなかった。
研究分担者の森田は、インドネシアで海外調査を実施する予定であったが、コロナ禍により現地調査を実施することができず、文献調査に重点を置いた。次年度以降に海外調査を行うべく、準備を進めている。
研究分担者の深海と近藤は、予定していた研究をほぼ実施することができている。ただ、コロナ禍により予定していた海外調査や国内調査を実施できなかったので、次年度以降に予定していた文献調査等に力点をおいて研究を実施した。

2021年度活動報告

2021年度事業継続中