Select Language

澁谷美和(SHIBUYA Miwa)

在学生の研究内容

澁谷美和(SHIBUYA Miwa)

専攻

地域文化学専攻

指導教員

主任指導教員:平井京之介/副指導教員:鈴木七美

研究題目

国際退職移動した日本人の移動先における人的交流と相互扶助に関する研究

研究キーワード

若年性認知症、アルツハイマー病、当事者の知と実践、社会的苦しみ

研究の概要

本研究では、大阪在住の若年性アルツハイマー型認知症者を対象に、彼らの認知症とともに生きる経験とはいかなるものかを詳細に記述する。記述の際には、二つの軸から彼らの経験を立体的に描くことを試みる。ひとつは、認知障害をもつ身体やその生とどのように付き合いながら、毎日をやりくりし生きているのかを明らかにする。もうひとつは、彼らの生きる経験に苦悩が内在するのかを問う。内在するばあい、その苦悩の源泉を日本の認知症を取り巻く社会環境に位置づけて考察する。
既存研究との位置づけに関して言うと、老年期認知症については各分野で研究が蓄積されつつあるが、若年性を対象にしたものは未だ国内外でほとんど調査されていないのが現状である。本研究より若年性アルツハイマー型認知症の方の生活の様子を明らかにすることで、認知症当事者やその家族に対する今後の公的支援策の方途を示唆する知見の提供が可能になると予想される。