アボリジニ・アートはどう描かれるか

日時:
2021年12月18日 @ 13:30 – 15:00 Asia/Tokyo タイムゾーン
2021-12-18T13:30:00+09:00
2021-12-18T15:00:00+09:00
場所:
国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
中央砂漠で絵を描くアボリジニ女性たち

中央砂漠で絵を描くアボリジニ女性たち

先住民アートとして世界的に知られるアボリジニのアクリル絵画。そこには祖先から受け継がれた物語が描かれています。オーストラリアの辺境の土地に生きる人びとが分かち合い、助け合いながら色鮮やかな絵画を生み出していく様をご紹介します。

講師 平野智佳子(国立民族学博物館助教)
聴講方法 ①国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
②オンライン(ライブ配信)
日時 2021年12月18日(土)13:30~15:00(13:00開場)
定員 ①会場参加 160名
②オンライン(ライブ配信) 300名
申込方法は下記をご覧ください。
いずれも事前申込先着順です。
参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です)

申込方法

※手話通訳を希望される方は、2021年11月26日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。

オンライン予約

期間:2021年11月22日(月)10:00 ~ 12月15日(水)17:00まで
定員になり次第受付終了します。
会場参加については本人を含む2名までお申し込みできます。

当日参加申込(会場参加のみ定員30名)

11:00 から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて受け付けます。

お問い合わせ

国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)