Select Language

論文ゼミナール

フィールドワークを終え、学位論文の執筆にとりかかった学生の支援をする場が、この論文ゼミナールです。論文の構想を示すもの、論文の中心となる章の議論を提示するもの、また帰国報告や学会発表に向けての予備報告をおこなうものなどが含まれますが、いずれも、発表する学生にはあらかじめ発表の草稿を事前に教員および院生に配布することが求められます。ゼミナールの当日は、発表と草稿を基に、教員と院生全員で批判、討論がおこなわれます。

時間:13:30~15:00
場所:大学院演習室1

前期

2021年6月17日(木)

Web開催

WURUGA(主任指導:平井京之介、副指導:奈良雅史)
研究題目:都市に移住した牧民女性の生活変化とアイデンティティー内モンゴル自治区バインノール市海流図鎮の事例から
発表題目:都市に移住したモンゴル族牧民のオンライン・コミュニティに関する研究—「我愛我的家」WeChatグループを事例として

2021年7月29日(木)

Web開催

川上香(主任指導:池谷和信、副指導:鈴木紀)
研究題目:トウモロコシと山村の民族誌―その民族植物学的研究
発表題目:A集落におけるAさんの1950年代から現在までの耕作地と作物の変化と持続

後期

2022年1月20日(木) 

Web併用

古澤瑞希(主任指導:福岡正太、副指導:笹原亮二)
研究題目:佐賀県内おける鉦を用いる浮立に関する民族音楽学的研究
発表題目:鉦のアンサンブルを含む芸能の伝承状況——佐賀県嬉野市塩田町の北志田の浮立を事例として——(仮)〈フィールドワーク報告〉

2022年1月27日(木) 

Web併用

今村宏之(主任指導:小野林太郎、副指導:福岡正太)
研究題目:「護身術」プンチャック・シラットに関する民族誌的研究――インドネシア、ジョグジャカルタの実践者コミュニティを中心に
発表題目:ナショナルなプンチャック・シラットを創出する―二つの演武の競技化を事例に―

2022年2月3日(木) 

Web併用

金丸雄一(主任指導:池谷和信、副指導:野林厚志)
研究題目:日本列島における海士・海女の民族誌的研究
発表題目:海産資源をめぐるアマの漁撈採集空間の利用とその変化<フィールドワーク報告>