知のスイッチ ―「障害」からはじまるリベラルアーツ

研究出版物

嶺重慎、広瀬浩二郎、村田淳(編) 岩波書店
【共同研究成果】
2019年2月21日

詳細

出版物情報

主題・内容

社会の多数派が「あたりまえ」と思うことでも、うまくできなかったり、まったくできなかったりする人がいる。「あたりまえ」ができないとき、人は立ち止まる。本書は、「障害」をキーワードに、学問と社会の「あたりまえ」を問い直す試みである。

目次

はじめに(嶺重慎)
序章 学問は普遍的だろうか(嶺重慎)
Ⅰ 今までとは違う問いから始める
 われわれはよき宇宙人になれるだろうか(磯部洋明)
 弱いロボットとテクノロジーの受容(塩瀬隆之)
 障害学とは何か(杉野昭博)
 障害者は障害を持つ人か(岩隈美穂)
 障害者におけるスポーツの現状と課題(江川達郎+林達也)
 多様な学生と大学(村田淳)
Ⅱ 学問×障害=?
 リベラルアーツと合理的配慮というチャレンジ(川添信介)
 障害と経済(松井彰彦)
 ケアの倫理から考える「障害者の倫理」(安井絢子)
 「周縁」から眺める日本語(後藤睦)
Ⅲ 当事者とは誰か?
 ユニバーサル・ミュージアムの“理”を求めて(広瀬浩二郎)
 ひとりのサバイブ(木下知威)
 当事者研究からはじめる「知」の歩き方(熊谷晋一郎)
 デザインで世界は変えられるのか?(ライラ・カセム)
おわりに(広瀬浩二郎)