Select Language

日本列島の鵜飼文化に関するT字型学際共同アプローチ――野生性と権力をめぐって

研究期間:2020.10-2023.3

代表者 卯田宗平

キーワード

鵜飼、野生性、T字型学際共同アプローチ

目的

本研究の目的は、日本列島の鵜飼文化に関わる新たな事例をT字型学際共同アプローチの方法論(後述)によって比較検討し、それらの事例を整理することで鵜飼文化の全体像を明らかにすることである。
ここでいうT字型学際共同アプローチとは、(1)鵜飼に関わる埴輪造形や文献史料、絵画、俳句や短歌、美術、装束などの通時的な視点、(2)各地の鵜飼に関わる民俗技術や知識、社会組織、物質文化などの共時的な視点、(3)ウ類(ウミウやカワウ)の生態、捕食される魚類の生態、鮎鮓の食品栄養に関わる自然科学的な視点から得られた成果を統合して分析する方法論である。これらの事例は代表者が鵜飼研究を続けるなかで確認したものであり、これまで統合的に議論されてこなかった。本研究ではこれら3つのアプローチをまとめて「T字型学際共同」とよぶ。
そのうえで、本研究では個別事例の比較検討および中国の鵜飼との対比を通して、日本列島の鵜飼文化の全体像と地域固有性を明らかにする。その際、本研究では野生性と権力を分析の切り口とする。それは、1300年以上の歴史をもつ日本の鵜飼においてこれまで野生のウ類がおもに利用されており、かつ鵜飼はときの権力者の庇護のもとで続けられてきた。こうした現象は中国の鵜飼においてみられない特徴だからである。

2021年度

  2021年度は、計3回の共同研究会を実施する予定である。今年度の共同研究会では、生業としての鵜飼に注目する。日本の鵜飼はかつて生業としても続けられていたが、とくに今年度は広島県三次市における鵜飼に焦点をあてる。三次鵜飼は、いまでは見せる鵜飼として実施されているが、それまでは長期にわたり生業としても続けられてきた。よって、ほかの地域の鵜飼とは異なり、鵜匠たちはより多くの漁獲を得るために鵜舟や漁具をたえず改良し、ウミウやカワウを飼い慣らしてきた。三次市には広島県立歴史民俗資料館があり、その収蔵庫には鵜飼に関わる物質文化が保管されている。今年度は研究会のメンバーらと収蔵庫を訪れ、鵜飼用具の熟覧と物質文化の地域間比較、あるいはほかの河川漁業の漁具との比較研究などを実施する。くわえて、かつて各地でおこなわれていた徒歩による鵜飼やそこで使用されていた鵜飼用具に関わる研究発表もおこない、観光化されたいまの鵜飼との比較研究も実施する予定である。

【館外研究員】 井口恵一朗、石野律子、今石みぎわ、大塚清史、小川宏和、賀来孝代、
筧真理子、亀田佳代子、河合昌美、篠原徹、瀬戸敦子、宅野幸徳、
葉杖哲也、夫馬佳代子、堀光代、松田敏幸、水野裕史、三戸信惠
研究会
2021年12月11日(土)13:30~18:00(広島県立歴史民俗資料館 対面開催)
(1)卯田宗平(国立民族学博物館)広島県三次市での共同研究会の趣旨説明
(2)葉杖哲也(広島県立歴史民俗資料館)「三次の鵜飼について――その歴史と現状、生業技術を中心に」
(3)鵜小屋や飼育道具などの実測調査
(4)三次の鵜飼における漁場実地調査
2021年12月12日(日)9:00~12:00(広島県立歴史民俗資料館 対面開催)
(1)広島県立歴史民俗資料館の収蔵庫における熟覧調査(漁具と漁法、漁船、ほかの淡水漁撈との比較など)
2022年2月26日(土)13:00~16:00(国立民族学博物館 大演習室 ウェブ開催併用)
(1)卯田宗平(国立民族学博物館)「今年度の成果と来年度の予定」
(2)篠原徹(滋賀県立琵琶湖博物館)「俳諧にみる鵜飼」
(3)卯田宗平(国立民族学博物館)「日本史のなかの鵜飼-野生・権力・表象」


2020年度

2020年度は計2回の研究会を実施する。まず、2020年11月に第1回目の研究会を実施し、代表者が本研究の趣旨と今後のプランを説明する。そのうえで、それぞれの分野における鵜飼研究の到達点と課題を発表し、メンバー全員で共有する。

【館内研究員】
【館外研究員】 井口恵一朗、石野律子、今石みぎわ、大塚清史、小川宏和、賀来孝代、
筧真理子、亀田佳代子、河合昌美、篠原徹、瀬戸敦子、宅野幸徳、
葉杖哲也、夫馬佳代子、堀光代、松田敏幸、水野裕史、三戸信惠
研究会
2020年11月28日(土)13:00~17:00(国立民族学博物館 大演習室 ウェブ会議併用)
卯田宗平(国立民族学博物館)「共同研究会『日本列島の鵜飼文化』で目指すもの」
共同研究メンバー全員による研究紹介と今後の予定
卯田宗平(国立民族学博物館)「比較対象としての中国の鵜飼の紹介およびディスカッション」
2021年2月27日(土)13:00~17:00(国立民族学博物館 大演習室 ウェブ会議併用)
卯田宗平(国立民族学博物館)「前回の研究会を踏まえて①」
特集:宇治川の鵜飼におけるウミウ産卵を問いなおす
沢木万理子(鵜匠、宇治市観光協会)「宇治川の鵜飼における鵜の人工ふ化について」
卯田宗平(国立民族学博物館)「ウミウの繁殖生態と鵜匠たちによる繁殖技術の収斂化――計5回の繁殖記録から考える」
亀田佳代子(滋賀県立琵琶湖博物館)「飼育環境下でのウミウ産卵に関する鳥類学からのコメント」
研究成果

2020年度は計2回の研究会を開催した。第1回目の研究会では代表者である卯田(民博)が日本列島の鵜飼文化に関わる問題意識と今後の研究方針を示した。具体的には、鵜飼に関わる造形や文献史料、絵画などを通時的な視点で捉えるアプローチ、各地の鵜飼に関わる民俗技術や知識、物質文化、観光化などを共時的な視点で捉えるアプローチ、ウ類の生態や捕食される魚類の行動特性などに関わる自然科学的なアプローチという三つのアプローチによって、日本の鵜飼文化を包括的に捉えていくことをメンバーのなかで共有した。第2回目の研究会では、「宇治川の鵜飼におけるウミウ産卵を問いなおす」と特集テーマとして、2014年5月にウミウが産卵した事例に関わる発表をおこなった。具体的には、ウミウの人工繁殖に当事者として関わった沢木万理子氏(鵜匠、宇治市観光協会)が当時の対応や繁殖技術を構築していく上での問題点、働きかけ、放ち鵜飼に向けた取り組みに関わる報告をした。それを踏まえて、卯田は過去5年間の繁殖作業の記録を手がかりに、飼育環境下におけるウミウの繁殖生態の変化を自然下のウミウとの対比から報告した。最後に、鳥類生態学が専門の亀田佳代子氏(滋賀県立琵琶湖博物館)が鳥類学の立場からのウミウ繁殖の要因に関わるコメントをした。この研究会を通して、日本の鵜飼史のなかで記録上初めてとなるウミウの人工繁殖と今後の課題をメンバー間で共有した。