Select Language

民博所蔵東洋音楽学会資料に基づく日本民俗音楽の再構成と再活性化

研究期間:2021.10-2024.3

代表者 植村幸生

キーワード

民俗音楽、音響アーカイブ、文化資源

目的

国立民族学博物館(以下、民博)には、東洋音楽学会が1960〜70年代に実施した日本民俗音楽調査の録音資料、およびメモ、写真等の付帯資料が保管されている。その一部は同学会が九学会連合の共同調査に参加した際の資料である。録音テープ1000本以上を数える同資料は1995年に民博に寄贈され、音源のデジタル化と曲目情報等のデータベース化が完了しているが、調査終了後は研究資料としての活用をみていない。そこで本研究は次の三つの側面から東洋音楽学会資料のもつ今日的な意義と将来性を明らかにすることを目的とする。①同資料を用いて20世紀後半以降における日本民俗音楽の変容と持続を検証し、種目やレパートリーの再構成を試みる、②同資料を通して、20世紀後半における日本民俗音楽研究の傾向、成果と課題を跡づける、③民俗音楽の伝承者、研究者を含む関係者が共有すべき文化資源として同資料を位置づけ、これを伝承活性化、地域文化の再認識に役立てるための情報プラットフォームを関係者の間で構築する。

2021年度

今年度は2回のオンライン研究会を予定している。第1回では、対象とする東洋音楽学会資料(以下、本資料とする)を含む、共同研究員がこれまでに構築、運用、利用に関与してきた既存の音響アーカイブの現状と課題、および共同研究員が研究に従事してきた音楽・芸能ジャンルにおける今後の研究展開に本資料が果たし得る可能性をそれぞれ提示し、その知見に基づいて本研究の全体方針、および構成員の役割分担を再確認する。この第1回研究会と平行して、代表者および館内研究員により、本資料の全体像、保管・整理・活用の現状、修正・補足を要する情報の有無などの確認作業を行う。第2回では、1960~70年代に本資料の形成に直接関与した、当時の調査者を特別講師として招聘し、当時の調査過程と方法、寄贈に至る経緯、成果と意義についてインタビューを行うとともに、共同研究員との間で、本資料の活用方策とその問題点、および本研究の目指すべき方向性について議論を行う。

【館内研究員】 岡田恵美、笹原亮二、福岡正太
【館外研究員】 内田順子、金城厚、神野知恵、久万田晋、島添貴美子、薗田郁
研究会
2021年12月11日(土)14:00~17:00(国立民族学博物館 第2演習室 ウェブ開催併用)
植村幸生(東京藝術大学)「東洋音楽学会資料の現況と本研究の射程」
質疑応答、意見交換
2022年2月19日(土)14:00~16:00(ウェブ開催)
小島美子(国立歴史民俗博物館)、入江宣子「東洋音楽学会による民俗音楽調査:その経緯と成果を語る」