Select Language

被傷性の人類学/人間学

研究期間:2021.10-2024.3

代表者 竹沢尚一郎

キーワード

被傷性、苦難、人間であること

目的

1992年、英国の人類学者J. Davisは難民研究の枠内で、従来の安定した社会構造や文化体系の研究に加え、「混乱と絶望に満ちた人類学」、彼のいう「苦難の人類学」が必要だと提言した。その20年後の2016年には、米国の人類学者Sherry Ortnerが、工場閉鎖、失業、短期雇用、疾病、戦争、災害等に苦しむ人々を対象とする「暗い人類学が人類学の中心的テーマになっている」と断言した。人類学におけるこうした関心の変化の背景にあるのは、グローバル化と新自由主義の進展による大量の移民や難民の出現、工場移転の結果としての失業や短期雇用の増加である。急速に変わりゆく現代世界の中で、人類学がその使命とされてきた「異文化研究の学」にとどまることは可能なのか。むしろそれは研究対象と研究方法の根本的な改変を必要としているのではないか。本研究の目的は、苦難に満ちた現代世界に生きる多様な人々を包括的に研究するための新たな方向性を見つけることである。

2021年度

本研究は、貧困(森田)、災害(竹沢)、身体性(菅原)、性的マイノリティ(深海)、戦争被害(近藤)、うつ(北中)、アート(兼松)、先住民(飯島)、死(西井)などの、人間が逃れることのできない苦難や困難について研究してきた人類学者と、それらについて研究する歴史学(鈴木)、社会福祉学(高林)、臨床心理学(田中)、美術史(稲賀)などの他分野の研究者から構成される。一定数の他分野の研究者の参加を要請するため、本研究の課題を「被傷性の人類学/人間学」と広く題している。本研究の最初の年である今年は、まず申請者が全体の問題意識について話し、それに基づいて全員で討議する。その上で、以下のテーマについても具体的に考えていく。①被傷性が各社会でどう生きられているか。②被傷性は社会の中でどのように生み出さているか、それを生み出すメカニズムは何か。③人間は苦難や被傷性を避けようとするだけでなく、アートや儀礼などを通じて意図的に自己を被傷性に晒すことがあるが、そこではいかなる経験が得られているのか。

【館内研究員】 鈴木英明
【館外研究員】 飯嶋秀治、稲賀繁美、兼松芽永、北中淳子、近藤有希子、菅原和孝、高林秀明、田中真理、西井涼子、深海菊絵、森田良成
研究会
2021年10月23日(土)13:30~19:00(国立民族学博物館 第6セミナー室 ウェブ開催併用)
竹沢尚一郎(国立民族学博物館)「被傷性の人類学/人間学に向けて――被傷性・共同体・ネオテニー」
松田素二(総合地球環境学研究所):コメント
全員の自己紹介と今後の研究方針について
2022年2月11日(金・祝)13:30~19:00(国立民族学博物館 大演習室 ウェブ開催併用)
高林秀明(熊本学園大学)「災害の制度と被傷性・共同性――2016年熊本地震とコロナ禍の2020年熊本豪雨の経験から」
松田素二(地球研)「コメント」
寺戸淳子(国際ファッション専門職大学)「Vulnerableとdisponible――被る人々」
総合討論