Select Language

日本人による太平洋の民族誌的コレクション形成と活用に関する研究――国立民族学博物館所蔵朝枝利男コレクションを中心に 

研究期間:2021.10-2024.3

代表者 丹羽典生

キーワード

収集、民族誌写真、日本人

目的

国立民族学博物館に所蔵される朝枝利男コレクションは、太平洋に関する写真約6千点及び日記や絵画などの付属資料からなる。アメリカで結成された探検隊の一員として朝枝が残したこれらの記録は、失われた自然や文化を今に伝える貴重な資料となっている。しかしヨーロッパ・日本・アメリカに元資料が散在して十全に整理・分析されてないこと、太平洋地域の研究者の精査を経ていないことから、コレクションは十分に活用されていない。本館の朝枝利男コレクション研究は、そうした問題点を解消しうるものである。
本研究は、まず太平洋の歴史と文化に通じた研究者が集まり、コレクションの人類学的・民族学的な情報と過去の活用履歴を精査する。同時に日本人による収集という視点から、近代日本における太平洋資料収集の歴史に位置付けながら、コレクションの現代的な意義を分析する。多角的・総合的に検討することで、コレクション行為の倫理的側面にも踏み込むことを試みる。あわせて関連コレクションを有する欧米の博物館、収集された側の太平洋の人々の知見を加味して、博物学の時代以降に形成された日本人による太平洋コレクションの特質と問題点を解明する。

2021年度

2021年度は、研究会を2回(11月、1月)の開催を計画している。初回は研究代表者(丹羽典生)が研究会の趣旨及び研究枠組みについて、参加メンバーと確認する。また参加メンバーの本研究会での目的を議論する。第2回目は、朝枝利男コレクションの資料的意義とそれを日本人の収集という視点から論じる意義を、これまでの申請者によるフォーラム型情報ミュージアム・プロジェクトの成果を踏まえて報告する。他の特定のトピックの発表を加えた上で、参加者全員での討論を行い、研究会の方向性について、明確化を図る。

【館内研究員】 小野林太郎、ピーター J. マシウス
【館外研究員】 飯高伸五、石森大知、北原卓也、倉田誠、桑原牧子、小杉世、佐本英規、臺浩亮、藤井真一、山口徹
研究会
2021年12月18日(土)13:30~18:00(ウェブ開催)
丹羽典生(国立民族博物館)「日本人による太平洋の民族誌的コレクション形成と活用に関する研究――国立民族学博物館所蔵朝枝利男コレクションを中心に」
質疑応答
全員「各自の研究紹介及び今後の予定の検討」
2022年3月20日(日)13:30~19:00(ウェブ開催)
倉田誠(東京医科大学)「レンズの向こうの朝枝利男――サモア諸島での撮影写真から⾒るまなざしのあり⽅」
質疑応答
丹羽典生(国立民族学博物館)「寄港地での奇遇な交錯――フィジーにおけるマイノリティと先住民医療者の影」
質疑応答
総合討論