Select Language

米国ポリファミリーにおける子育てを介した関係性に関する民族誌的研究(2022-2024)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|特別研究員奨励費

深海菊絵

目的・内容

研究の概要

本研究の目的は、米国の「ポリファミリー」の実態を民族誌的に描き出すと同時に、現代米国における「家族」の意味を問い直すことである。
その際、本研究ではポリファミリーを構成する人びとが交渉を通じて遂行的に「親」や「家族」となっていく過程に注目する。
本研究の方法はカリフォルニア州とマサチューセッツ州におけるフィールド調査と文献調査である。具体的には、(1)ポリファミリーの歴史的背景に関する調査、(2)ポリファミリーの形成過程や日常についての聞き取り、(3)法的側面についての聞き取り、(4)メディア言説分析、(5)ポリファミリーと他の形態の家族との比較研究(6)家族・親族に関する理論的研究、である。

研究の目的

本研究の目的は、米国のポリアモリー実践によって形成された「ポリファミリー」の実態をフィールドワークと文献調査から明らかにすることである。その際、ポリファミリー内の多様な絆のあり方に考慮しながら、人々が交渉を通じて遂行的に「親」や「家族」となっていく過程を明らかにする。この作業を通して、現代米国における「家族」の意味を問い直すと同時に、家族・親族論そのものを再考する。
フィールドワークは、米国カリフォルニア州ロサンゼルス市とマサチューセッツ州サマービル市において行う。本研究では、(1)ポリファミリーの実態と社会的・歴史的背景に関する調査、(2)ポリファミリーの形成過程についての聞き取りと分析、(3)ポリファミリーに関わる法的側面についての聞き取りと分析、(4)ポリファミリーをめぐるメディア言説分析、(5)ポリファミリーと他の形態の家族との比較研究(6)家族・親族に関する理論的研究、に取り組む。

活動内容

2022年度実施計画

本年度は、先述した目的を達成するために、以下の研究に取り組む。第一に、ポリファミリーの社会的・歴史的背景に関する調査を行う。本調査ではポリファミリーに関する文献およびアメリカ研究等の文献調査から、ポリファミリーが米国に出現した社会的・歴史的背景を考察する。
これらを通して、ポリファミリーの概観を把握するとともに、ポリファミリーをアメリカにおける性や家族の文脈に位置付けて考察する。
第二に、ポリファミリーの形成過程と日常生活についての聞き取りと分析を行う。本調査では、カリフォルニア州ロサンゼルス市において、ポリアモリーの関係にある親たちと子どもが共住しているポリファミリーを対象にフィールドワークを行う。具体的にはライフヒストリーやファミリーヒストリー、日常的な協働や葛藤について聞き取り調査を行い、分析する。これにより、子育てによって親たちの関係にいかなる変化が生じたのか、どのような日常的なやりとりが親同士の間に絆や緊張をもたらしているのかを明らかにする。加えて、子どもを対象として聞き取り調査を行うことで、子どもの視点からみた親や家族を考察する。これらの作業を通して、親たちや子どもが「親」や「家族」をどのようなものとして捉えているのかを明らかにする。
これらの調査から得られた結果を基にして、『比較家族史』やJournal of Marriage and Family 等へ投稿するために執筆を開始する。