Select Language

「応答しすぎない倫理」に関する人類学的研究―モザンビーク島の近隣関係を事例に(2022-2023)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|研究活動スタート支援

松井梓

★2022年8月1日転入

目的・内容

研究の概要

本研究はモザンビーク島の居住地区で相互に緊密に関わりあう女性たちの近所づきあいを事例とする。他者との共在の倫理の議論では、目の前の相手を真剣に受け止め、不断に応答し関係の調整をする実践が重視されてきた。他方で本研究の目的は、他者に真剣に応答しすぎずに受け流す態度を肯定し、それでもなお立ち上がる他者への倫理を提示することである。具体的には、調査地での(1)食の授受、(2)ゴシップの応酬の場面で、女性たちがいかに相手に応答しすぎずに儀礼的に関わりあうのか、それがいかに相手の存在を許容することに繋がるのかを事例から示す。

研究の目的

本研究の目的は、モザンビーク島のバイロという居住地区に住む女性たちが、相互に真剣に応じ過ぎず、相手を放っておいたり儀礼的に振舞ったりする態度がいかなる他者との共在の倫理を生むのかを明らかにすることである。そのため、本研究では、これまでおこなってきた同地区での実地調査を継続し、人口が稠密なゆえに親密さと軋轢が併発する近所付き合いに焦点を当て、1)隣人や共住者との間で起こる食べ物の授受、2)個々の人格を上書きするゴシップの応酬、3)親密さと摩擦を行き来する倫理観の形成を検証する。

活動内容

2023年度実施計画

2022年度事業継続中

2022年度活動報告(研究実績の概要)

2022年度は、まず、10~12月にゴシップおよび倫理にかんする人類学的研究など、関連する文献の渉猟をおこない、先行の議論を整理した。11月には、国立民族学博物館 研究懇談会にて、当該テーマに関わる発表をおこない、参加した研究者からコメントや助言をいただいた。2~3月には、合計約50日間の現地調査を実施した。後述のとおり滞在先家族の状況が大きく変化していたため、現状の隣人関係の把握に努めた。

2022年度活動報告(現在までの進捗状況)

Covid-19感染拡大の影響で渡航ができなかった3年間で滞在先家族を取り巻く状況が大きく変化していた。特に、1年前のサイクロンにより自宅が倒壊し転居を余儀なくされており、以前の隣人関係は維持されていなかった。また、自宅再建のために長時間労働に従事するようになり、近所づきあいや友人とのつきあいに割かれる時間が減っていた。このため、近隣や友人とのつきあいを観察できる機会が限定されていた。