Select Language

シルクロード都市における宗教の伝播と受容・変容に関する考古学的研究(2023-2026)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(B)

寺村裕史

目的・内容

研究の概要

中央アジアにおいては、都市遺跡の発掘成果の増加により、都市構造自体に関する研究は進んできているものの、当時の都市に住む人びとが心の拠り所としていた土着的な信仰や、外来宗教の受容・伝播の実態に関しては、十分に議論されてきたとは言い難く、いまだ不明な点が多い。
そこで、シルクロードの成立による東西・南北交流が活発化したなかで、宗教の果たした役割と、宗教の伝播と受容・変容の実態を明らかにすることを目的として、発掘調査の成果を軸とした宗教に関連する物質文化に焦点を当て、都市遺跡間での交流の相互作用・推移を解明し、宗教が中央アジア史において果たした大きな役割について比較考古学的側面から考察する。

研究の目的

本研究は、ユーラシア大陸における東西交流(東洋と西洋)の結節点としての古代シルクロード都市において宗教の果たした役割と、人やモノの移動に伴う宗教の伝播と受容・変容に関して考古学的に明らかにすることを目的とする。具体的には、①「サマルカンド考古学研究所」と協働で実施する古代都市遺跡(カフィル・カラ遺跡)での発掘調査ならびに出土遺物・遺構の分析、②ザラフシャン川中流域に点在する都市遺跡で発見されている宗教関連資料の集成および比較研究、③西はイラン高原から東は中国までの宗教関連遺物や宗教図像に関して、地理情報システム(以下、GIS)を用いた比較・統合・可視化、の3点を研究の柱とする。上記成果を総合しながら、古代都市における宗教の実態ならびに、シルクロードを通じた宗教の伝播と受容・変容の動態について国際的な議論を深め、研究成果を現地研究者と共同で発信する。

活動内容

2023年度実施計画

本年度は、シル・ダリアとアム・ダリアという中央アジアの二大河川に挟まれたソグディアナ(ソグド人の地)と呼ばれたウズベキスタン共和国を研究対象地域として、下記の調査を実施する。
①ウズベキスタンのサマルカンド市に所在するサマルカンド考古学研究所と協働でカフィル・カラ遺跡の発掘調査を実施する。カフィル・カラ遺跡では、シャフリスタン(城壁内居住区)での調査が継続中でシタデル(城塞)同様火災層が検出され、炭化した木材や彩色壁画の断片とともに、中央アジアのゾロアスター教に特徴的なオッスアリ(納骨器)が出土した。こうした宗教関連遺物が今後も発掘される可能性があり、シャフリスタンでの発掘作業を継続する必要がある。具体的には、現地の気候の良い9月~10月頃にかけての約3週間の予定で、日本・ウズベク共同調査隊を組織し発掘調査をおこなう。
②さらに、遺跡内の未発掘箇所(城塞周辺部や墓地)をトレンチ調査することで、その他の宗教関連資料のより詳細な情報を得ることを目指す。
③ザラフシャン川流域に点在する都市遺跡で発見されているソグド人関係の宗教資料の集成および比較研究を、現地研究者や日本の研究分担者と共同で進める。例えば、サマルカンドに所在するアフラシアブ遺跡で発見された彩色壁画には、描かれた人物の衣服などに「連珠円文」がみられるが、中国の仏教遺跡である敦煌石窟の壁画にも連珠円文が多数描かれたものが見つかっていることから、シルクロードを通じた東西の広範囲にわたる宗教(図像)の伝播の一端を示す事例であると考えられる。そうした事例の集成をおこなうとともに、共同研究として現地研究者とも議論し研究を進める。