諸昭喜

スタッフの紹介

諸昭喜(チェ ソヒ)

グローバル現象研究部・助教

専門分野 医療人類学、朝鮮半島地域研究
各個研究 ヨモギの民間療法を介して見た韓国の薬と飲食の意味形成

個人ホームページ

  • 略歴
  • 詳細

略歴

奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了
奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター協力研究員
国立民族学博物館外来研究員を経て、2020年より民博

研究のキーワード

韓国、出産、民俗特有の病い、苦しみのイディオム、民間医療とケア、産後養生と産後儀礼

現在の研究課題

  • 社会の変化と民俗特有の病いの変容

所属学会

日本文化人類学会、日本人体科学学会、日本ジェンダー学会

主要業績

2019 「病いの社会・文化的構築とジェンダー:韓国の産後風の事例を通して」博士学位論文、奈良、奈良女子大学。

館外活動(大学教育、社会活動等)

奈良市立看護専門学校文化人類学非常勤講師(2019.11-継続中)

代表者を務めた研究・プロジェクト

三島海運記念財団 2021年度学術研究奨励金「ヨモギ利用の歴史民俗誌:韓国における医食同源の視点から」(2021)
Korean Studies Grant 2021:Scholarly book publication「産後の風、その望み:民俗病の語りからみる韓国女性と出産」(2021.02-2022.01)
文部科学省科研費(研究活動スタート支援)「社会変化と民俗特有の病いの変容:韓国と台湾の産後の病いに対する比較研究」(2019.10-2021.03)
奈良女子大学若手女性研究者支援経費「韓国の産後風の事例を通して見る病いの社会・文化的構築とジェンダー」(2019.07-2020.03)

経歴

学歴

ソウル大学 師範学部 地理教育科 卒業(2005.8)
ソウル大学 社会科学大学院 人類学科 修士課程 修了(2011.2)
奈良女子大学大学院 人間文化研究科 博士後期課程 修了(2019.3)

職歴

ソウル大学 日本研究所 補助研究員(2007.5-2007.1)
ソウル大学 奎章閣 韓国学研究院 研究補助員(2007.3-2007.8)
ソウル大学病院 医生命研究院 臨床研究員 (2014.12-2015.7)
奈良女子大学 アジア・ジェンダー文化学研究センター 協力研究員 (2019.4-2020.3)
国立民族学博物館 外来研究員(2019.4-2020.3)
奈良市立看護学校 非常勤講師(「文化人類学」)(2019.09- : 各年度半期)
国立民族学博物館 学術資源研究開発センター 助教(2020.4-2021.3)
国立民族学博物館 グローバル現象研究部 助教(2021.4- )

学位
  • 修士(人類学)ソウル大学 社会科学大学院(2011)
    「의료실천의 변화과정에 관한 민족지적 연구: 울릉도 여성들의 임신과 출산 경험을 중심으로(医療実践の変化過程に関する民族誌的研究:ウルルン島女性たちの妊娠と出産経験を中心に」(2011.02.01)
  • 博士(学術)奈良女子大学大学院(2019)
    「病いの社会・文化的構築とジェンダー:韓国の産後風の事例を通して」(2019.03.22 )

 

【共編著】

2021 「산후풍의 바람風, 그리고 바람望(産後風の風と望)」医療人類学研究会企画『아프면 보이는 것들: 한국 사회의 아픔에 관한 인류학 보고서(痛みからみえてくること:韓国社会の痛みに関する人類学報告書)』諸昭喜他12人、pp.20-40、韓国:フマニタス(2021.08.02)
2020 「‘버티기’가 아닌 ‘적소 만들기’(耐えるより適所作り)」人類学研究所編『연어를 따라간 인류학자(鮭に付いて行った人類学者)』趙慶萬他11人、pp.179-197、韓国:ミンソクワン(2020.10.15)

【論文】

2020 「台湾におけるオールタナティブな出産としての「優しい出産」 : 新たな助産師教育課程修了生の活動する出産施設調査から 」市川 きみえ , 曾 璟蕙 , 山名 香奈美 , 阿部 奈緒美 , 山本 令子 , 諸 昭喜 , 陳 效娥 , 安 姍姍 , 上野 文枝 , 松岡 悦子 千里金蘭大学紀要 16 pp.23-34 大阪:千里金蘭大学 (2020.02.07)[査読有]
2018 「韓国女生のソーシャル・サファリグの身体化:「産後風」の語りを中心に」 『日本ジェンダー研究』 21 pp.65-78 東京:日本ジェンダー学会 (2018.09.14)[査読有]
2018 「韓国の産後ケアに関する研究:韓国の産後調理院と助産院を中心に」神谷摂子、諸昭喜 『奈良女子大学社会学論集』24 pp.37-53 奈良:奈良女子大学 (2017.03.01)[査読有]
2018 「東洋医学における疾患の社会的構築:韓国の産後風を事例として」『人体科学』27(1):1-12、東京:人体科学会。[査読有]
2017 神谷摂子、諸昭喜「韓国の産後ケアに関する研究:韓国の産後調理院と助産院を中心に」『奈良女子大学社会学論集』24:37-53、奈良:奈良女子大学。

【口頭発表】

2021 「산후풍에 관한 의료인류학적 연구(産後風に関する医療人類学的研究)」 ソウル大学人類学科 BK21教育研究団 海外専門家招請講演 [Online](2021.05.11)
2021 「Covid-19に対する2つのメタファー’災害’と’戦争’—日本と韓国の事例を中心に」 比較文明学会関西支部第48回例会 [Online](2021.02.21)
2020 「バングラデシュ農村部での妊娠中の薬の使用」 科研共同研究会『MDG5達成に向けたアジアのマタニティ政策の検証』 [Online](2020.12.15)
2020 “‘Disaster’ and ‘Battle’: Two different metaphors of COVID-19 among South Korea and Japan” 2020 Annual Meeting of Anthropology of Japan in Japan [Online](2020.12.05)
2020 「의료적 로컬지식의 형성과 건강 관련행태: 일본 긴키지역의 Covid-19 상황을 사례로(医療的ローカル・ノレッジの形成と健康行動:日本近畿地域のCovid-19状態を事例で)」 2020 韓国文化人類学会 [Online](2020.11.07)
2020 「産後の民俗病に関する人類学的研究:韓国のサヌプンを中心に」 民博研究懇談会、国立民族学博物館(2020.10.28)
2020 “Social Change and the Transformation of Folk illness: A Comparative Study of Postpartum illnesses in Korea and Taiwan” 2020 Annual Conference of the Taiwan Society for Anthropology and Ethnology, National Chi Nan University [Online](2020.09.27)
2019 “The ‘Wind(風)’ and ‘Wish(望)’ for Korean women in the narratives of Sanhupung” The 79th Colloquium of Korean Association for Medical Anthropology, Korea National Open University (2019.10.21)
2019 “Changing concepts of illness: A comparative study of Hieshō (susceptibility to chills) in Japan with Sanhupung (symptoms of postpartum illness) in Korea” 2019 Annual Meeting of Anthropology of Japan in Japan, Meiji Gakuin University (2019.11.30)
2019 “Idioms of Distress of Sanhupung, postpartum folk illness in Korea” Workshop for Young Researchers in Japan and South Korea, National Museum of Ethnology (2019.02.23)
2018 「韓国における女性の痛みの身体化:産後風の事例を中心に」 第20回奈良女子大学社会学研究会、奈良女子大学 (2018.06.30)
2017 “Multilayered meanings of the postpartum folk illness: cases of the Sanhupung in Korean women” East Asian Anthropological Association 2017 Meeting, The Chinese University of Hong Kong (2017.11.15)
2016 “When folk belief meets biomedicine: changes in the postpartum care center industry in Korea” East Asian Anthropological Association 2016 Meeting, Hokkaido University (2016.11.16)

【エッセイ・その他】

2021 「ひょうたんで悪鬼を祓う?」月刊みんぱく 45(6) P.16-17 大阪:国立民族学博物館 (2021.06.01)
2021 「韓国の出産準備物③『へその緒の保管』」毎日新聞 夕刊 「旅・いろいろ地球人」 p.6 大阪:毎日新聞社 (2021.03.27)
2021 「韓国の出産準備物②『産着-ペネッチョゴリ』」毎日新聞 夕刊 「旅・いろいろ地球人」 p.6 大阪:毎日新聞社 (2021.03.13)
2021 「韓国の出産準備物①『おくるみと「驚気』」毎日新聞 夕刊 「旅・いろいろ地球人」 p.6 大阪:毎日新聞社 (2021.03.06)
2020 「ことばの迷い道:モムサル薬お願いします」月刊みんぱく 44(12) p.20 大阪:国立民族学博物館 (2020.12.01)
2020 「出産を守ってくれるサン神 ~韓国~」みんぱく e-news233号 https://www.minpaku.ac.jp/museum/enews/233(2020.11.01)
2019 「松岡悦子先生へのお手紙」エッセイ集 「八重の轍」p.12 奈良:奈良女子大学 (2019.03.01)
2018 松岡悦子、安姗姗、諸昭喜、神谷摂子「アジアの新しい風 インドネシア、韓国、中国の自然分娩の動き」『助産雑誌』72(10):790-795 東京:医学書院 (2018.10.25)