牡鹿半島の民俗誌――復興キュレーション

日時:
2021年03月20日 終日 Asia/Tokyo タイムゾーン
2021-03-20T00:00:00+09:00
2021-03-21T00:00:00+09:00
「津波」「クジラ」そして「ペンギン」

「津波」「クジラ」そして「ペンギン」

震災から10年間の民俗調査と博物館活動。自然の営み・復興の繰り返しの歴史・家族や隣人の思い出、三つの時間から描き出す牡鹿半島の民俗誌。キーワードは「津波」「クジラ」そして「ペンギン」。

講師 加藤幸治(武蔵野美術大学教授)
日髙真吾(国立民族学博物館教授)
聴講方法 ①国立民族学博物館 セミナー室(本館2階)
※メイン会場が満席の場合は中継会場をご案内します。
②オンライン(ライブ配信)
日時 2021年3月20日(土)13:30~15:00(13:00開場)
定員 ①会場参加 100名
②オンライン(ライブ配信) 300名
申込方法は下記をご覧ください。
いずれも事前申込先着順です。
参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です)

申込方法

※手話通訳を希望される方は、2021年2月26日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。

オンライン予約

期間:2021年2月22日(月)9:00 ~ 3月18日(木)
定員になり次第受付終了します。
会場参加については本人を含む2名までお申し込みできます。

当日参加申込(会場参加のみ定員20名)

11:00 から本館2階にて受け付けます。

お問い合わせ

国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)