Select Language

先住民と情報化する社会の関わり

研究期間:2020.10-2023.3

代表者 近藤祉秋

キーワード

都市先住民、デジタル人類学、アイデンティティ

目的

本研究の目的は、都市化・情報化が進行する現代社会の中で先住民の人々がどのように生活世界を構築しているかを比較研究の手法に基づいて明らかにすることである。世界各地の先住民社会で都市部への移住、もしくは伝統的生活圏の都市化が進行していることはよく知られている(青柳・松山『先住民と都市』青木書店、1999年)。しかし、近年、情報化社会の到来にともない、これまで論じられてきた「都市と先住民」の主題に加えて、「情報技術と先住民」の関わりを考える必要が生じてきている。スマートフォン、SNSなどの通信技術が登場することで先住民の人々の生活はいかに変化したか。とりわけ伝統的生活圏と都市部の間で情報のやり取りが容易になったことは、どのような影響をもたらしているか。デジタル空間上で先住民自身による情報発信がなされるようになった一方で、先住民を含むマイノリティに対するヘイトスピーチが横行しているが、先住民の「デジタル主権」をどのように考えることが可能か。本研究はこれらの問いに貢献することを目指す。

2021年度

本年度は、新型コロナウイルス感染拡大の現状を鑑み、研究会の開催はオンラインと対面を組み合わせる。研究会を3~5回開催する(5月、7月、9月、11月、1月)。オンライン研究会の場合、1回2時間程度の短いものとし、開催頻度を5回程度とする。感染状況が劇的に改善した場合、対面での研究会開催に随時戻し、一回ごとの開催時間を長くして開催頻度を調整する。各自がオンライン調査・国内調査・文献渉猟など(海外渡航が可能になった場合は海外フィールドワークも)をおこない自分の研究地域に関する情報収集を続けるとともに、デジタル民族誌の方法論・調査倫理およびアイヌ民族に対するヘイトスピーチ問題という共同研究全体のテーマについても検討を始める。特別講師は先住民メディア制作論、情報学研究者などを予定している。最終年度に組織する日本文化人類学会での分科会に向けて発表者の人選・要旨提出・コメンテーター打診などの準備を進める。

【館内研究員】 伊藤敦規、平野智佳子
【館外研究員】 北原次郎太、栗田梨津子、土井冬樹、額田有美、山越英嗣、渡辺浩平、神崎隼人、尤驍
研究会
2021年5月16日(日)10:00~12:00(ウェブ開催)
北原モコットゥナ(北海道大学)「否認とパターナリズム――アイヌ民族をめぐるヘイトスピーチと公的言説――」
今年度の活動に向けての打ち合わせ
2021年8月25日(水)13:00~17:00(ウェブ開催)
伊藤敦規(国立民族学博物館)「現代米国先住民研究におけるデジタル協働民族誌の可能性(仮)」
山越英嗣(都留文科大学)「デジタルテクノロジーによるオアハカのストリートアートの変容(仮)」
2021年11月14日(日)10:00~12:00(国立民族学博物館 大演習室 ウェブ開催併用)
神崎隼人(大阪大学大学院)「オンライン上のイシュー・パブリックとしての現代アマゾニア先住民:ウェブクローリングを用いたデジタル人類学的アプローチ」
2022年2月19日(土)13:00~17:30(ウェブ開催)
尤驍(神戸大学大学院)「台湾原住民の日常生活におけるSNSの活用――生活世界におけるつながりの維持と拡大をめぐる一試論(仮)」
大石侑香(神戸大学)「グラスノスチの再評価――情報化社会における先住民の意見表明のかたち(仮)」
今後の研究活動に向けた打ち合わせ


2020年度

初年度(2020年度後半)は、参加研究者の研究関心について共有するとともに、共同研究の趣旨および方向性のすり合わせを実施する(第1回:10月予定)。現地調査の実施に向けて、担当地域の都市人類学・情報人類学的な先行研究に関して、文献収集の結果を報告する(第2回:1月予定)。これらの作業を通じて共同研究全体としての問題意識を共有した上で、各自が長期休暇を利用して、海外・国内での予備調査をおこなう。各年度の現地調査に関しては参加研究者各自の科研費などを利用して実施するため、本研究計画の経費には含めない。また、新型コロナウィルス感染拡大の状況によっては、研究会をZoomなどを介してオンライン上で開催したり、調査地への渡航を延期・中止したり(代替調査法としてデジタル民族誌的調査法も検討中)といった感染拡大防止の措置をおこなう。

【館内研究員】 伊藤敦規
【館外研究員】 北原次郎太、栗田梨津子、土井冬樹、額田有美、平野智佳子、山越英嗣、渡辺浩平
研究会
2020年11月1日(日)13:00~17:00(国立民族学博物館 第6セミナー室 ウェブ会議併用)
顔合わせ
近藤祉秋(神戸大学)「趣旨説明」
近藤祉秋(神戸大学)「デジタル民族誌の実践――社会的距離化時代の民族誌調査に向けて」
平野智佳子(神戸大学)「オーストラリア中央砂漠の村――都市間を移動するアボリジニの携帯電話の使用方法」
今後の研究活動に関する打ち合わせ
2021年1月23日(土)10:00~12:00(ウェブ会議)
土井冬樹(神戸大学大学院)「デジタル化する集会:日本に移住したマオリによる文化・言語の学習機会」
栗田梨津子(神奈川大学)「オーストラリア都市先住民の社会運動におけるSNSの活用――今後の研究に向けて」
2021年3月16日(火)10:00~12:00(ウェブ会議)
額田有美(国立民族学博物館)「コロナ時代のコスタリカの先住民土地回復運動――リモートエスノグラフィーの実践に向けて」
来年度の活動に向けての打ち合わせ
研究成果

第1回目の研究会ではスマホやSNSの利用に関して、アボリジニとアラスカ先住民の事例報告がなされた。第2回の研究会では、マオリとアボリジニによるSNS利用に焦点が当てられ、先住民言語の再活性化や社会運動のための利用がなされていることが論じられた。第3回の研究会でも、コスタリカ先住民の事例からSNS利用が論じられ、SNSが土地回復運動で重要な役割を果たしていることが明らかになった。初年度の成果としては、先住民社会においてSNSが多岐にわたる目的で利用されているが、その中でも社会運動や抵抗運動との親和性が高いことが確認された。デジタル人類学の先行研究ではオンライン上での参与観察が盛んに論じられてきた(Horst & Miller 2012など)が、ネット接続が不安定な場合も少なくない先住民社会の研究においては文字情報による非同期型の調査方法を見直す必要性があることが示唆された。来年度はコロナ禍におけるデジタル人類学の方法論についてもより詳細に検討していく。