Select Language

現代アジアにおける生殖テクノロジーと養育――ジェンダーとリプロダクションの学際的比較研究

研究期間:2021.10-2024.3

代表者 白井千晶

キーワード

生殖テクノロジー、ジェンダー、リプロダクション

目的

地球規模で生命の誕生にテクノロジーが用いられる時代が到来し、ローカルな文化はテクノロジーによって変容を余儀なくされている。しかしテクノロジーは無限に欲望を増幅させるだけでなく、ローカルな文化はテクノロジーを制限したり選び取ったりもする。ではアジアはいま、生命のテクノロジーとどのように対峙しているのか。本研究は、現代のアジアにおいて、生殖技術や出生前検査といったリプロダクションに関わる新しいテクノロジーがどのように認識され利用されているか、このテクノロジーと子どもの出生はどのような環境にあるのか。テクノロジーが利用されないときにはどのような仕組みで子どもが養育されるのかを明らかにする。
具体的には、アジア14ヶ国を中心に、不妊治療、体外受精、第三者が関わる生殖技術、NIPTなどの胎児の染色体異常検査、人工妊娠中絶の状況や態度について分析を行い、地域間の差異と共通性を明らかにする。
ローカルな人口増への対処、不妊への対処、予定外の妊娠への対処が、テクノロジーやグローバル化と接することによって変化しているか、その要因やメカニズムを多角的に見いだすことができるだろう。

2021年度

研究メンバーは代表を含む15名である。うち9名は、2019年度に終了した科研研究「現代アジアのリプロダクションに関する国際比較研究:ジェンダーの視点から」の分担者・連携研究者であり、すでにそれぞれの担当国・地域で調査を完了し、データセットができたところである(白井、小浜、澤田、嶋澤、幅崎、松尾、松岡、洪、姚)。さらに分担者・連携研究者がこれまでアジアのそれぞれのフィールドで収集してきたデータも使用しながら、当該データの分析を進め、議論し、練り上げていくのが本研究会の柱になる。韓国、中国、台湾の産後ケアや医学ヘゲモニーの見地から、諸にも加わってもらった。さらに、本共同研究では、主に2つの分野に研究参加を依頼した。1つは、現在進行中の科研研究、出生前検査と障がいに関する分野である(木村、菅野、二階堂)。もう1つは、養取や共同養育に関する分野である(磯部)。
研究会では、前半の1年半で5回の研究会を開催し、実施した調査、データを分析し、付き合わせていく。後半の1年では3回研究会を開催し、刊行に向けた原稿の検討会をおこなう。
研究会は、(1)妊娠・出産、(2)家族計画と中絶、(3)出生前検査と障がい、(4)産後・哺乳、(5)不妊と生殖技術と養子、という5つの柱を設定している。便宜的に柱を設定したが、養子は中絶と関連し、出生前検査は中絶と関連する。そのように他のセクションと重なりながら議論を深めていくことになるだろう。また、養取と里親、共同養育については、アジア以外の地域の慣行も参考にするため、アフリカ地域とオセアニア地域の養取・里親研究をしている研究者に特別講師を依頼したいと考えている。
本研究では生殖技術、出生前検査、中絶に焦点を当てることによって、排除と包摂、生命や身体への可侵性と不可侵性、排他的親子と複数的親子、の二局が明確になるだろう。これは、ジェンダーやセクシュアリティ、家父長制、国家目標や人口政策、法制度や政治体制、宗教、経済状況や経済戦略など、多様な要素によって変化するもので、アジアのリプロダクションのダイナミズムの多様性が浮かび上がることが予想される。
2021年度はこれらのうち、秋、冬に2回研究会を実施して、「妊娠・出産」「家族計画と中絶」「産後・哺乳」の研究会を開催する計画である。次年度は、(5つの柱を展開して)「不妊と生殖技術」「養子」「出生前検査と障がい」の研究会開催を予定している。

【館内研究員】 諸昭喜、松尾瑞穂
【館外研究員】 磯部美里、木村美也子、小浜正子、澤田佳世、嶋澤恭子、菅野摂子、二階堂祐子、幅崎麻紀子、洪賢秀、松岡悦子、姚毅
研究会
2021年11月6日(土)9:00~12:00(ウェブ開催)
嶋澤恭子(神戸市看護大学)「妊娠・出産(ラオス)」
諸昭喜(国立民族学博物館)「妊娠・出産(韓国)」
姚毅(東京大学)「妊娠・出産(中国語圏)」
松岡悦子(奈良女子大学)「妊娠・出産(インドネシア)」
小浜正子(日本大学)「妊娠・出産(中国)」
曾 璟蕙(奈良女子大学)「妊娠・出産(中国語圏)」
安 姍姍(中国・江南大学)「妊娠・出産(中国語圏)」
磯部美里(国際ファッション専門職大学)「妊娠・出産(中国タイ族)」
ディスカッション、次回の予定
2022年1月22日(土)10:30~19:00(国立民族学博物館 第4セミナー室 ウェブ開催併用)
嶋澤恭子(神戸市看護大学)「妊娠・出産(ラオス)」
小浜正子(日本大学)「避妊・家族計画と中絶(中国)」
澤田佳世(奈良女子大学)「避妊・家族計画と中絶(日本)」
幅崎麻紀子(埼玉大学)「避妊・家族計画と中絶(ネパール・ブータン)」
嶋澤恭子(神戸市看護大学)「産後・哺乳(ラオス)」
菅野摂子(明治学院大学)「避妊・家族計画と中絶(日本)」
木村美也子(聖マリアンナ医科大学)「障害児の養育とサポート(日本)」
ディスカッション
2022年1月23日(日)10:00~17:00(国立民族学博物館 第4セミナー室 ウェブ開催併用)
諸昭喜(国立民族学博物館)「産後・哺乳(韓国)」
幅崎麻紀子(埼玉大学)「産後・哺乳(ネパール・ブータン)」
曾璟蕙(奈良女子大学)「産後・哺乳(中国語圏)」
安姍姍(中国・江南大学)「産後・哺乳(中国語圏)」
松岡悦子(奈良女子大学)「哺乳(日米)」
ディスカッション
次回3月13日(日)と次年度の予定
2022年3月13日(日)10:30~17:00(国立民族学博物館 第4セミナー室 ウェブ開催併用)
開会、自己紹介等
久保裕子(東京大学大学院博士課程)「フィリピンにおける妊娠期の喪失と家族計画」
昼休憩
松尾瑞穂(国立民族学博物館)「インドの第三者が関与する生殖とドナーの選別」
二階堂祐子(国立民族学博物館)「障害のある女性の語る産むことと人工妊娠中絶」
戸田美佳子(上智大学)「中部アフリカのカメルーンの障害者とコンゴの森の女たち」
曾璟蕙(奈良女子大学):コメント・全体のディスカッション
次年度の計画