Select Language

感性と制度のつながり――芸術をめぐる「喚起」と「評価」のプロセスから考える

研究期間:2019.10-2022.3

緒方しらべ

キーワード

感性、制度、喚起

目的

本共同研究は、制作や展示といった芸術実践において、モノゴトや制度などの非人間を含めた諸存在の働きにおける「喚起」と「評価」のあり方に注目し、感性と制度の不可分なありさまを検討していく。
芸術の人類学では1980年代後半から、美や芸術の普遍性を前提とすることが孕む権力性に基づき、地域の実践とグローバルな制度の関係が問題にされてきた。他方で、1990年代末以降は物質文化研究やエージェンシー論が隆盛し、人やモノゴトの働きの連鎖や相互生成のありさまが提示されてきている。しかし、後者で注目を浴びた「喚起」や「魅惑」と、前者で問題になっていた制度や審美的判断がどのように結びついているのかは、十分に検討されてこなかった。
そこで本共同研究は、世界各地の絵画や生活造形、音楽、古今東西の景観、パフォーマンスなどを含む芸術実践における「喚起」と「評価」の多様なあり方を明らかにしながら、感性と制度的領域が不可分に結びつくさまを検討していく。

2021年度

本年度は、昨年度の繰越実施分をふくめ4回の研究会を行う予定である。第1回目では、田中がキューバのクラシック音楽に関わる人びとの経験と実践を事例に、渡辺がフィジーの美術館とその周辺を事例に個人発表を行う。第2回目から第4回目は、昨年度の個人発表(緒方、光本、寺村、竹久、長谷川、兼松、橋本、登)での議論をふまえ、本研究における感性と制度の捉え方と両者の交差のありかたをより明確にし、各メンバーの研究成果(論文)のドラフトの読み合わせを順次行いながら、議論を進めていく。このうち第2回と第3回については特別講師を招聘し、本研究の理論について重点的にコメントをいただき、全体討論を行う予定である。また、最終回となる第4回は、本研究の結論を明らかにするほか、研究成果の公開方法の一つとして展覧会の具体的な検討も行う。

【館内研究員】 寺村裕史
【館外研究員】 兼松芽永、竹久侑、田中理恵子、登久希子、橋本梓、長谷川新、光本順、渡辺文
研究会
2021年7月3日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第7セミナー室 ウェブ開催併用)
民博収蔵庫見学「モノと制度のつながりの検討、及び、本共同研究の成果としての企画展の検討」
民博展示場(企画展スペース)視察「本共同研究の成果としての企画展の検討」
全体討論「考古学⇔芸術学・人類学間の互いへのアプローチの可能性の検討、本共同研究の成果としての企画展の具体的な検討」
2021年7月4日(日)13:30~15:00(ウェブ開催)
田中理恵子(東京大学)「感性・制度・共同幻想:キューバ芸術音楽にみる「良きもの」と「流れゆくもの」」
ディスカッション
2021年8月1日(日)13:30~17:00(ウェブ開催)
渡辺文(同志社大学)「パブリックがつくるアート、アートがつくるパブリック:ハワイ州を事例に」
緒方しらべ(京都精華大学)「感性と制度のはざまで:ナイジェリアの地方都市でアートが評価されるとき」
兼松芽永(女子美術大学)「『縄文ルネサンス』(古谷嘉章著)合評会に向けて」
2021年10月3日(日)13:30~16:30(ウェブ開催)
緒方しらべ(京都精華大学)・兼松芽永(女子美術大学):本研究の概要と課題
古谷嘉章(九州大学):コメント
ディスカッション
寺村裕史(国立民族学博物館):古谷嘉章著『縄文ルネサンス』へのコメント
古谷嘉章氏からの応答
長谷川新(インディペンデントキュレーター):古谷嘉章著『縄文ルネサンス』へのコメント
古谷嘉章氏からの応答
構成員全員からのコメント・質問/ディスカッション
2021年11月21日(日)10:00~18:00(国立民族学博物館 第7セミナー室 ウェブ開催併用)
「ユニバーサル・ミュージアム」さわる!『触』の大博覧会」見学
「さわる!」展、および前回の古谷嘉章氏(比較社会文化研究院)による物質性/触感の論考をふまえた、本研究における「感性」についての議論①(参加者全員)
園田直子氏(国立民族学博物館)によるウィークエンドサロン「展示の舞台裏:始まるまでと、始まってから」聴講
「さわる!」展、および前回の古谷嘉章氏による物質性/触感の論考をふまえた、本研究における「感性」についての議論②(参加者全員)
全体討論:本研究の成果発表に向けて(参加者全員)
2022年3月20日(日)13:30 ~ 18:00(国立民族学博物館 第7セミナー室 ウェブ開催併用)
緒方しらべ(京都精華大学):調査/論考の進捗と今後の見通し+コメント①
長谷川新(インディペンデントキュレーター):調査/論考の進捗と今後の見通し+コメント②
光本順(岡山大学):調査/論考の進捗と今後の見通し+コメント③
兼松芽永(女子美術大学):調査/論考の進捗と今後の見通し+コメント④
田中理恵子(東京大学):調査/論考の進捗と今後の見通し+コメント⑤
寺村裕史(国立民族学博物館):調査/論考の進捗と今後の見通し+コメント⑥
登久希子(国立民族学博物館):調査/論考の進捗と今後の見通し+コメント⑦
橋本梓(国立国際美術館):調査/論考の進捗と今後の見通し+コメント⑧
2022年3月21日(月)10:00~12:00(国立民族学博物館 第7セミナー室 ウェブ開催併用)
渡辺文(同志社大学):調査/論考の進捗と今後の見通し+コメント⑨
竹久侑(水戸芸術館):調査/論考の進捗と今後の見通し+コメント⑩
全員参加:全体討論と来年度の計画


2020年度

2020年度は、第2回から第4回まで、合計3回の共同研究会を開催する。初年度に検討した先行研究、議論したキーワードの概念や使用、問題の所在に基づき、個人発表と全体討論を行っていく。第2回は、緒方がナイジェリアの地方都市におけるアートの事例を発表するのに加え、第1回の全体討論で時間制限のため議論し尽せなかった点についても、継続して議論を行う。第3回は、兼松が新潟のアートプロジェクトを事例に、光本が弥生時代・古墳時代の造形物と身体表現を事例に、登が合衆国とポーランドのソーシャリーエンゲージド・アートを事例に個人発表を、第4回は、寺村が国内の前方後円墳やイランの石板およびそれらのデータ処理・分析を事例に、田中がキューバのクラシック音楽を事例に、個人発表を行う予定である。また、第4回では特別講師を招聘し、本研究の理論について重点的にコメントをいただき、全体討論を行う予定である。

【館内研究員】 寺村裕史
【館外研究員】 兼松芽永、竹久侑、田中理恵子、登久希子、橋本梓、長谷川新、光本順、渡辺文
研究会
2020年8月2日(日)13:30~16:00(ウェブ会議)
緒方しらべ(日本学術振興会)「アートを評価する――ナイジェリアの地方都市におけるアートの感覚的なものと制度的なもののつながり」
光本順(岡山大学)「物質のネットワークと古墳づくり」
寺村裕史(国立民族学博物館)「考古学のデータ処理におけるアナログとデジタル――実測図から読み解く制度・身体・感性」
2020年10月11日(日)13:30~16:00(ウェブ会議)
竹久(水戸芸術館)「制度を見直し、感性の発露をみる:『アートセンターをひらく』における『変身ワークショップ』を通して」
長谷川(インディペンデントキュレーター)「石器時代最後の夜ー香川県鷲ノ山の石工と芸術家の邂逅を例に」
中間全体総合討論
2020年10月18日(日)13:30~15:30(ウェブ会議)
兼松(女子美術大学)「中山間地における郷土美術教育と芸術祭」
中間全体総合討論
2021年1月24日(日)13:30~18:00(ウェブ会議)
橋本梓(国立国際美術館)「形なき作品の収蔵は美術館をどう変えるか」
登久希子(国立民族学博物館)「アートにかかわる『経験』の語りについての一考察」
全体討論:今年度の全体のまとめと総論、来年度の研究計画
2021年3月21日(日)13:30~18:00(国立民族学博物館 第3セミナー室 ウェブ会議併用)
緒方しらべ(関西外国語大学)・兼松芽永(女子美術大学)「今年度の論点の整理と方向性」
登久希子(国立民族学博物館)「The institution of institutionalismの概要と本研究の参照点」
長谷川新(インディペンデントキュレーター)「『感情史とは何か』の概要と本研究の参照点」
全体討論と来年度の研究計画
研究成果

今年度の5回の研究会の成果として、以下2点が挙げられる。1) 「制度」を批判の対象としてだけでも、利用の対象としてだけでもなく、創造的な「別物」として捉える可能性が見えてきたこと。また、これによって、従来の制度論と生成論の二項対立を乗り越える道が見えてきたということ。2) 「制度」が創出されるプロセスに、「感性」が介入/発露していることが明らかになり、「感性」が「制度」の変容可能性の一つの鍵を握っていることがわかってきた。作家、キュレーター、鑑賞者、参加者、市民・地域住民、考古学者、過去を生きた人たちの感性(感覚、身体、感受、感情など)が既存の「制度」と接触したり、利用したり、それに反発したり、それと交わらなかったり、調和したりと、「制度」との何らかの絡みのなかでうごめく「感性」があり、それによって創出されうる/変容する(あるいはしない)「制度」がある、という状況が浮かび上がってきた。

2019年度

初年度に第1回を開催し、代表者による趣旨説明と、人類学における生成論、制度論、芸術の人類学の先行研究の検討を行い、メンバー間で問題の所在を確認し合う。

【館内研究員】 寺村裕史
【館外研究員】 兼松芽永、竹久侑、田中理恵子、登久希子、橋本梓、長谷川新、光本順、渡辺文
研究会
2019年12月15日(日)13:30~18:00(国立民族学博物館 第4演習室)
緒方しらべ(大阪大学)「研究会全体の趣旨説明」
共同研究員全員「自己紹介と本研究の展望」
緒方しらべ(大阪大学)、兼松芽永(女子美術大学)「本研究に関わる人類学の先行研究概要」
寺村裕史(国立民族学博物館)「本研究に関わる考古学の先行研究概要」
長谷川新(インディペンデントキュレーター)「本研究に関わる芸術学の先行研究概要」
共同研究員全員「先行研究を踏まえ、問題の所在や研究方針についての全体討論」
研究成果

初度に開催した研究会(1回)では、まず、人類学、芸術学、考古学の3分野における、本研究テーマに関わる先行研究とキーワードの確認と議論を行った。その結果、主に3点について明確にすることができた。1)「感覚」については、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚という五感だけではなく、それらが複数あわさった多感覚的経験をも視野に入れる。また、個々の感覚と、社会的に共有されたものの差異にも注目する。2)「制度」については、アートワールドというグローバルな制度に加え、法や規範、政治や経済、教育などの諸制度や、各フィールドでの制度化された慣習や暗黙の了解なども含め、広義に捉える。3)「美」については、「美しいか」と「喚起されるか/魅惑されるか」を相互に置き換えて考察することで、美をめぐる制度的領域と感性的領域の結びつきを検証していく。 このように、次年度から個人発表を進めていくにあたっての重要な概念と理論について議論することができた。