Select Language

環北太平洋地域の先住民社会の変化、現状、未来に関する学際的比較研究――人類史的視点から

研究期間:2020.10-2023.3

代表者 岸上伸啓

キーワード

環北太平洋地域、先住民社会、学際的比較

目的

環北太平洋沿岸地域(新旧両大陸の北太平洋沿岸地域)において先住民文化・社会の間に類似性や共通性が見られることは、100年以上前から知られていた。この類似性や共通性を解明するために、フランツ・ボアズ(Franz Boas)によるジェサップ北太平洋調査プロジェクト(1897年~1902年)など大小さまざまな調査・研究が試みられてきた。本研究の目的は、環北太平洋地域の先住民の諸言語・諸社会・諸文化の変化と現状、未来について、(1)自律期、(2)接触期、(3)植民地期、(4)国家による同化期、(5)政治的自律化期、(6)未来の6つの時期に分けて、(1)歴史・考古学、(2)言語学、(3)文化人類学の視点から学際的に比較検証し、その異同の諸側面を総合的に解明するとともに、同地域の先住民社会の未来を構想することである。北太平洋の東西沿岸に分布する先住民社会の間にみられる文化的類似性と共通性をどのように考えるべきか、彼らの言語・社会・文化がどのように変化してきたか、現状はどのようであるか、そしてそれらは今後どのように変化していくか、を解明する。

2021年度

2021年度には、環北太平洋地域の先住民の言語・文化・社会の歴史的変化と現状を検討対象にした共同研究会を5回実施する。テーマは、「北アメリカ北西海海岸地域における先住民文化・社会の変化の共通性と多様性:ハイダとクワクワカワクゥを中心に」、「アラスカ地域の先住民文化・社会の変化の共通性と多様性:野生動物管理、資源開発、社会・文化変化を中心に」、「旧大陸シベリア地域の先住民の文化・社会の共通性と多様性:文化人類学・考古学を中心に」、「アイヌ文化の共通性と多様性:文化人類学・考古学を中心に」、「環北太平洋沿岸地域における新旧大陸の先住民文化・社会に関する共通性と多様性の比較:言語と社会組織を中心に」である。これらのテーマの共同研究を通して、環北太平洋地域の先住民社会・文化の歴史的変化と現状に関する共通性と多様性を学際的に比較検討する。また、共同研究の成果を基にした博物館展示(企画展)の可能性を検討する。

【館内研究員】 齋藤玲子、島村一平
【館外研究員】 生田博子、大石侑香、大坂拓、加藤博文、呉人恵、近藤祉秋、関口由彦、高倉浩樹、高瀬克範、立川陽仁、野口泰弥、平澤悠、堀博文、井上敏昭
研究会
2021年7月25日(日)10:00~17:30(ウェブ開催)
第1回テーマ「新大陸北太平洋地域における先住民文化・社会の共通性と多様性――北アメリカ北西海海岸先住民文化を中心に」
岸上伸啓(国立民族学博物館)「趣旨説明」
岸上伸啓 (国立民族学博物館)「北西海岸先住民文化の変化と現状――ハイダ民族を中心に」
堀博文(静岡大学)「コメント」
立川陽仁(三重大学)「温暖化の認識について――カナダと日本の事例から」(仮)
野口泰弥(北海道立北方民族博物館)「環北太平洋北米地域における威信財の研究にむけて」 (仮)
全員「全体討論」
2021年9月26日(日)10:00~17:10(ウェブ開催)
井上敏昭(城西国際大学)「グィッチン文化・社会の変化と現状」
近藤祉秋(神戸大学)「過去回帰言説から考える内陸アラスカ先住民の社会変化」
生田博子(九州大学)「南西アラスカにおける生存狩猟と北米最大の金鉱開発」
2021年11月6日(土)10:00~17:10(ウェブ開催)
大石侑香(神戸大学)「20世紀の毛皮の生産・流通・消費の変化」
加藤博文(北海道大学)「シベリアにおける近年の集団形成仮説と基層⽂化モデルの⾒直し」
平澤悠(東亜大学)「内陸アラスカ先史⽂化の変容過程とアサバスカン伝統の形成」
2021年12月4日(土)10:00~17:10(ウェブ開催)
高瀬克範(北海道大学)「アイヌの農業の変化:民族誌と古民族植物学の乖離をうめる」
大坂拓(北海道博物館)「アイヌ展示における「伝統」と「現在」を架橋する試み――令和3年度アイヌ工芸品展「アイヌのくらし」を例として」
齋藤玲子(国立民族学博物館)「アイヌ文化と観光――アイヌ“工芸”の商品化を中心に」
2021年12月18日(土)13:30~16:10(ウェブ開催)
関口由彦(国立アイヌ民族博物館)「アイヌ民族の『現代』を展示する ――ミュージアムの脱植民地化、その可能性の中心」
2022年3 月5日(土)13:30~16:00(ウェブ開催)
岸上伸啓(国立民族学博物館)「環北太平洋地域の先住民社会の比較試論――社会構造と命名、アートを事例として」
全員「2022年度の共同研究および成果出版について」


2020年度

2020年度には、研究代表者が提案する研究構想(2020 「北米アラスカ・北西海岸研究から見た環北太平洋沿岸諸先住民文化の比較研究の展望」『第34回北方民族文化シンポジウム網走 報告』(34):1-6.網走:北方文化振興協会)を全員で検討し、全体的な研究計画を策定する。また、これまでに行われた環北太平洋地域の先住民の言語・文化・社会に関する研究成果を整理し、共同研究員間で研究すべき問題・課題を共有する。そのうえで、北東アジア・新大陸への人の移動に関する考古学の研究成果について検討する。
第1回「共同研究会の研究構想と研究計画の検討および課題の整理」
第2回「北東アジア・新大陸への人の移動と先住民文化・社会の形成:考古学を中心に」

【館内研究員】 齋藤玲子、島村一平
【館外研究員】 生田博子、大石侑香、大坂拓、加藤博文、呉人恵、近藤祉秋、関口由彦、
高倉浩樹、高瀬克範、立川陽仁、野口泰弥、平澤悠、堀博文
研究会
2020年10月24日(土)13:30~17:15(国立民族学博物館 第6セミナー室 ウェブ会議併用)
岸上伸啓(人間文化研究機構・国立民族学博物館)「環北太平洋地域の先住民社会の変化、現状、未来に関する学際的比較研究――共同研究計画の提案を中心に」
全員「各自の研究紹介と研究計画の中での役割の検討」
2020年10月25日(日)10:00~15:00(国立民族学博物館 第6セミナー室 ウェブ会議併用)
齋藤玲子(国立民族学博物館)、岸上伸啓(人間文化研究機構・国立民族学博物館)「特別展「先住民の宝」におけるアイヌ展示と北西海岸先住民(カナダ)展示について」
齋藤玲子(国立民族学博物館)、岸上伸啓(人間文化研究機構・国立民族学博物館)「環北太平洋先住民関連フォーラム型情報ミュージアム(Data Base)の高度化について」
2020年12月5日(土)13:00~17:00(北海道大学アイヌ・先住民研究センター/国立アイヌ民族博物館 [ウェブ会議併用])
岸上伸啓(人間文化研究機構・国立民族学博物館)「趣旨説明」
高瀬克範(北海道大学)「千島アイヌの形成史に関する学説整理と研究動向」
平澤悠(東亜大学)「北米移住仮説研究の動向とアラスカの位置付け」
全員 全体討論「環北太平洋の考古学の現状と課題」
2020年12月6日(日)10:00~18:00(北海道大学アイヌ・先住民研究センター/国立アイヌ民族博物館 [ウェブ会議併用])
高倉浩樹(東北大学)「環北太平洋民族誌にみられる狩猟採集社会の不平等化」
全員 全体討論
加藤博文(北海道大学)「国立アイヌ民族博物館における展示と研究」
2021年3月14日(日)13:00~17:00(ウェブ会議)
趣旨および打ち合わせ
呉人恵(富山大学)「北東アジア諸言語の系統と類型――北米との関係性を視野に――」
堀博文(静岡大学)「北米先住民諸言語の系統分類と歴史」
全体討論
研究成果

初年度は共同研究会を3回開催した。第1回共同研究会では、環北太平洋地域の先住民社会に関する文化人類学研究の研究史と成果を整理した。第2回共同研究会では、千島アイヌの形成史に関する学説整理と研究動向、旧大陸から北米への人類の移住に関する研究動向とアラスカの位置付け、環北太平洋地域の狩猟採集民社会における不平等の出現過程について検討を加えた。第3回共同研究会では、北米先住民諸言語および北東アジア先住民諸言語の系統分類の諸説と問題点,新旧大陸の言語間の関係などについて検討を加えた。これらの議論の結果、新旧両大陸の先住民諸文化の間にはサケや海獣に基づく生業活動、定住度の高さ、精神世界におけるワタリガラスの重要性などといった共通性や類似性が見られる一方、先住民諸言語の系統関係は、両大陸間のみならず、それぞれの地域内においても解明できていないことが判明した。先住民諸文化・諸言語間の類似性と差異の生成は、先住諸民族による類似した自然環境への適応過程、移動経路、交流や交易、戦争などの歴史的相互作用と複雑に絡み合っているため、それらを解明するためには考古学者や歴史学者、言語学者、文化人類学者、生物人類学者らが協働して学際的比較研究を行う必要があるという認識を共有するに至った。