Select Language

海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア

日時:
2022年09月08日 @ 10:00 – 2022年12月13日 @ 17:00 Asia/Tokyo タイムゾーン
2022-09-08T10:00:00+09:00
2022-12-13T17:00:00+09:00
場所:
国立民族学博物館 本館企画展示場


会 期 2022年9月8日(木)~ 2022年12月13日(火)
会 場 国立民族学博物館 本館企画展示場
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 水曜日
※ ただし、11月23日(水・祝) は開館、翌24日(木)は休館
観覧料 一般580円、大学生250円、高校生以下無料
主 催 国立民族学博物館
協 力 国立科学博物館、沖縄県立博物館・美術館、沖縄県立埋蔵文化財センター、公益財団法人千里文化財団、NIHUグローバル地域研究プログラム「海域アジア・オセアニア研究」国立民族学博物館拠点
特別協力 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」
船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」海と日本PROJECT
後 援 日本オセアニア学会、東南アジア考古学会、日本動物考古学会

キャッチフレーズ

モノからみる東南アジアとオセアニア


展示概要

東南アジアやオセアニアの海域世界には、海と密接に関わりながら、島や大陸の沿岸部にくらしてきた「海の民」とも呼べる人びとのくらしが営まれてきました。その長い歴史のなかで日常的に利用され、洗練されてきた様々なモノがあります。

「カニ筌漁師と筌と舟」

「カニ筌漁師と筌と舟」
フィリピン・セブ州マクタン島 2005年 辻貴志 撮影

「潜水メガネを使ったクモガイの採捕の様子」

「潜水メガネを使ったクモガイの採捕の様子」
フィリピン・セブ州マクタン島 2005年 辻貴志 撮影


たとえば漁具は、島世界にくらす人びとの必需品ですが、そこには海や捕獲対象となる生き物たちと向かい合ってきた人類の知恵と工夫があふれています。舟は海上で人びとの命を守る最も大切なモノともなります。そのため海の民たちは舟や櫂に彫刻や彩色を施し、美しく装飾してきました。同時に舟は死者や霊を乗せ、この世とあの世をつなぐモノとなることもあります。

「木彫や装飾が美しい儀礼用櫂」

「木彫や装飾が美しい儀礼用櫂」
(標本番号 H0168179、H0173470、H0138462、H0162458)

「クラカヌー用 波切り板」

「クラカヌー用 波切り板」
藤原一徳 撮影(標本番号 H0124258)


海域世界では、人びとが身につける装飾品にも、貝など海から得られる素材が好んで使われてきました。とくにオセアニアでは釣針や舟の加工具、仮面や貨幣にも様々な貝が利用されてきました。

「オセアニアの多様な貝製・骨製釣針たち」

「オセアニアの多様な貝製・骨製釣針たち」
(標本番号 H0186308、H0010177、H0145927、K0000412、H0162586)


本展では海と島の世界にくらす人びとの多彩なモノたちをとおし、そこに認められるアート性や、アジアとオセアニアという地域をこえた共通性について考えます。

関連催し

みんぱくゼミナール

モノからみる海のあるくらし――東南アジア・オセアニアの漁具・舟具・装飾品
  • 日時:2022年9月17日(土)13:30~15:00(13:00開場)
  • 小野林太郎(国立民族学博物館准教授)
  • 場所:国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
       ※ オンライン(ライブ配信)はありません。
  • 事前申込制(先着順)/参加無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です)

マレー半島やタイ南部の漁船コレック(2020年撮影)

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

モノが語る海のくらしと人びとの精神世界
  • 日時:2022年9月11日(日)14:30~15:15(14:00開場)
  • 小野林太郎(国立民族学博物館准教授)
  • 場所:国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
  • 定員42名/当日先着順/申込不要/無料(ただし、展示観覧券が必要です)

神像付き 椅子
メラネシア パプアニューギニア(標本番号 H0010329)

漁具にみるヒトと海の生き物
  • 日時:2022年10月2日(日)14:30~15:15(14:00開場)
  • 秋道智彌(国立民族学博物館名誉教授)
    小野林太郎(国立民族学博物館准教授)
  • 場所:国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
  • 定員42名/当日先着順/申込不要/無料(ただし、展示観覧券が必要です)

サゴヤシの葉で凧を作り、クモの巣を餌としてダツを獲る
(マライタ島ソロモン諸島1975年1月撮影:秋道智彌)

オセアニア展示からみる人類の海洋世界の進出
  • 日時:2022年11月27日(日)14:30~15:00(14:00開場)
  • 丹羽典生(国立民族学博物館教授)
  • 場所:国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
  • 定員42名/当日先着順/申込不要/無料(ただし、展示観覧券が必要です)

パンノキを手斧で削り櫂をつくる男性
(ミクロネシア チューク州ウルル島1974年撮影:須藤健一)

ワークショップ

海のくらしの手工芸――パンダナスで編むものづくり
  • 日時:9月18日(日)、9月19日(月・祝)
    午前の部10:30~13:00(10:00~受付開始)
    午後の部14:00~16:30(13:30~受付開始)
  • 小野林太郎(国立民族学博物館准教授)
    ピーター J. マシウス(国立民族学博物館教授)
  • 場所:国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)、企画展示場、オセアニア展示場
  • 定員各回12名/事前申込制(先着順)/各回500円/要展示観覧券(ただし、高校生以下は不要)

関連出版物

小野林太郎 2011 『海域世界の地域研究:海民と漁撈の民族考古学』「地域研究叢書22」

京都:京都大学学術出版会(524頁)

小野林太郎 2018 『海の人類史:東南アジア・オセアニア海域の考古学 増補改訂版』「環太平洋文明叢書5」

東京:雄山閣(240頁)

小野林太郎・長津一史・印東道子 2018 『海民の移動誌-西太平洋のネットワーク社会』

京都:昭和堂(394頁)

木村淳・小野林太郎 2022 『図説―世界の水中遺跡』

東京:グラフィック社(255頁)